« マミジロ記 (いちじん) | トップページ | ちぃじがき蕎麦の里(いちじん) »

2004年8月24日 (火)

稲含山 ( いちじん )

稲含山 

なんとも静か
曇っていて風がない
虫の声がしない
セミが鳴かない
車の音も聞こえてこない

登り口に
「クマが生息していますから
注意してください」という立て看板の文字が
時々よぎる
出合ったのは
カモシカのように速く降りてきた青年1人

聴こえてきたのは
カケスの声
アオバトの小さい「アーオー」
2年前赤久縄山で
出合った鳥だ

見晴らしの良いという頂上に
立っても
ガスっていて何も見えない
飛んできたのは
キアゲハ
カラスアゲハ
たくさんのトンボ

頂上で『群馬のお山』を
二人で元気良く歌った


 (この時期のこの山で
  セミの声がまったく聞こえなかったのが
  なんとも不思議でした。)

|

« マミジロ記 (いちじん) | トップページ | ちぃじがき蕎麦の里(いちじん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/11519637

この記事へのトラックバック一覧です: 稲含山 ( いちじん ):

« マミジロ記 (いちじん) | トップページ | ちぃじがき蕎麦の里(いちじん) »