« 8月29日の鳥見記録(いちじん) | トップページ | 「ちいじがき蕎麦の里」第2日目(1) by いちじん »

2004年9月 3日 (金)

浅間の噴火 (いちじん)

午後8時少し過ぎていました。
ガラス戸が突然振動しました。
地震かと思いましたが、揺れはまったく感じませんでした。
ちょっと不思議な感じがしました。
しばらくして、テレビで浅間の爆発と知りました。
翌朝は雨のため浅間は見えませんでした。

子どもの頃は、田んぼのあちこちに狭い畑(田より40~50センチ高い所)がありました。
それは、天明の噴火の時降った火山灰(軽石)を寄せ集めて作った畑だったのです。
砂山といって、よくサツマイモや桑を栽培していました。
昭和30年代の耕地整理でほとんど消えてしまいましたが、
私の記憶にはあの狭い畑の光景が残っています。

|

« 8月29日の鳥見記録(いちじん) | トップページ | 「ちいじがき蕎麦の里」第2日目(1) by いちじん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/11519640

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間の噴火 (いちじん):

« 8月29日の鳥見記録(いちじん) | トップページ | 「ちいじがき蕎麦の里」第2日目(1) by いちじん »