« 羽との出会い(No2)いちじん | トップページ | 蕎麦の刈り入れ(いちじん) »

2004年11月 8日 (月)

北毛への小さな旅(いちじん)

7日の日曜日、北毛の里山に出かけてきました。

四万川の橋の上からカワガラスが
水に潜って川虫を取る様子が
ゆっくり見られました。
残念ながらオシドリは未確認。

四万発電所のところから東に入りました。
エコファーマーさんが貼ってくれた画像と
同じ紅葉を橋の上から眺めました。
ウラギンシジミの♀、ヒメアカタテハ、モンキチョウ
などが舞っていました。

中之条森林公園で昼食。
ススキを刈って、束ねて軽4輪に載せていたご夫婦に
何に使うのかお尋ねすると
ミョウガの上にかぶせるとのことでした。
お昼の合図で帰る時、
奥さんがわざわざみかんを私たちのところまで
持ってきてくれました。
なんと言う優しさでしょう。

樅の大木、驚きました。
日本1の樅とのこと。
近くの畑でゴマみたいなものを収穫していた方から
今年、町民のアイディアで
初めて計画していたクリスマスの飾りは
中越地震があったので
自粛するという話を聞きました。
(後日、上毛新聞でも報道されました)

富澤家の佇まいも懐かしかったです。
私の父母は、両方とも農家でしたから、
私が子どもの頃はまだ、
養蚕をしたり、牛や馬を飼ったりしていました。
どこの猫か分かりませんが、
縁側に座っているとそばに来て、
横になると体にまとわりついてきました。
妙になれなれしい痩せた猫でした。
帰る時とうとう煎餅を1枚プレゼント。

川手山森林公園を目指したのですが
途中ガス欠になり、キャンプ場入り口で
Uターン、布施まで降りて給油。
また、奥平へ。
途中、不動の滝の案内板を見て、急遽そこへ行くことにしました。
駐車場から700メートル、
原にはどうしたことか
黄色いセイダカアワダチソウが満開でした。
葉が散って滝がよく眺められました。
思ったより、高いところから水が落ちていました。

その後、遊神館の湯に浸かってきました。
少しぬるめでゆっくり入れて、よく温まりました。
静かな里山の一日でした。

|

« 羽との出会い(No2)いちじん | トップページ | 蕎麦の刈り入れ(いちじん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/11519658

この記事へのトラックバック一覧です: 北毛への小さな旅(いちじん):

« 羽との出会い(No2)いちじん | トップページ | 蕎麦の刈り入れ(いちじん) »