« 北毛への小さな旅(いちじん) | トップページ | 蕎麦打ち体験の始まるまで(いちじん) »

2004年11月14日 (日)

蕎麦の刈り入れ(いちじん)

11月13日は秋晴れで北風の吹く日でした。
翌日は蕎麦刈りの日。
一転して曇天、雨を心配しましたが降りませんでした。

HPの表紙に助っ人求むの記事を出しましたが、
皆さんお忙しくて応じてくださる方はいませんでした。
集合は9時半です。その時刻にあわせて急な坂道を登っていくと
たくさんの方が蕎麦刈を始めていました。
急いで身支度をして自分たちの畑に向かいました。
途中で白樺峠で知り合ったMさんに出会いました。

名人は来られない人の畑の蕎麦をもう刈っていました。
上の方から刈ると良いよと言われ畑の上から刈り始めましたが、
1メートル、刈ったところでけいこさんは
「大変だわ。腰が痛くて」と、もう弱音。

蕎麦の茎は柔らかく力を入れずに刈れました。
でも、雑草が生えているので
それを取りながら刈るのでなかなか進みません。
それでも、少しずつ刈ったところが広がっていきました。

3分の1ほど刈った時です。
Mさんたちが、もう終わってしまった、
と言って手伝いに来てくれました。
同じマンションに住むご夫婦と4人です。急にスピードアップ。
蕎麦の山がどんどんできていきました。
刈り終わった蕎麦を束ねて
軽トラック積んで小屋の前に運んでいきました。

足踏み脱穀機で落とす人。
プラスチックのケースを逆さまにして、叩いて落とす人。
手でしごいて落とす人。それぞれ真剣です。
名人に誘われ、プラスチックのケースのところに行き
蕎麦の茎を打ちつけて実を落とすことにしました。
叩きつけると穴から実だけが中に落ちていきます。
しばらくそれを続けました。

「ガーゴー、ガーゴー」足踏み脱穀機が大きな音を立てています。
名人が踏むと勢い良く元気に回ります。
私もそれに挑戦しましたが5分と続きませんでした。
山のように積まれた蕎麦の束がみるみるうちに減っていきました。
敷いていた青いビニールシートをたたんで
きれいに片付いたのは12時半でした。
小屋の縁先でお弁当を広げていたMさんたちのところへ
行って一緒に昼食。
刈り取った蕎麦畑と紅葉の始まった山々を眺めながら
おにぎりをほお張りました。
ポットの温かいお茶が美味しかったです。

|

« 北毛への小さな旅(いちじん) | トップページ | 蕎麦打ち体験の始まるまで(いちじん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/11519659

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦の刈り入れ(いちじん):

« 北毛への小さな旅(いちじん) | トップページ | 蕎麦打ち体験の始まるまで(いちじん) »