« 蕎麦打ち体験の本番(いちじん) | トップページ | タイマグラばあちゃん(いちじん) »

2004年12月 9日 (木)

12月8日の上毛新聞(いちじん)

見出し
育てた蕎麦おいしい
甘楽 入門体験を締めくくる

記事
 甘楽町秋畑の那須地区で行われてきた蕎麦づくり入門で、締めくくりの行事となるそば打ちが四、五日の両日、同所の「ちぃじがき蕎麦の館『那須庵』」で行われた。会場は八月の種まきから体験してきた約七十組のそば畑オーナーらが集まり、自ら育てたそばを味わった。
 参加者は地元のそば打ち名人の指導を受け、こねから切るまでを体験。ゆでたての香り高いそばに舌鼓を打った。また、各オーナーにはみやげとして、そば粉1.5キロが手渡された。
 入門のすべてを体験したオーナーは、参加年数に応じて名人(二年)本名人(三年)などに認定。初の参加で仮名人に認定された杉山洋一さん(62)、郁子さん(59)夫妻=富岡市富岡=は「楽しい1年だった。病みつきになりそう」と、そばの余韻を楽しんでいた。

写真は、行程の10(板の上に丸めたものを置き、麺棒でのす)をしているところでした。私たちの前のグループの人たちです。
私は、メインに写っている人と同じメンバ板で打ちました。

|

« 蕎麦打ち体験の本番(いちじん) | トップページ | タイマグラばあちゃん(いちじん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/11519662

この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日の上毛新聞(いちじん):

« 蕎麦打ち体験の本番(いちじん) | トップページ | タイマグラばあちゃん(いちじん) »