« ヒメギフチョウを求めて(いちじん)その1 | トップページ | 35年ぶり (いちじん) »

2005年5月17日 (火)

ヒメギフチョウを求めて(いちじん)その2

おにぎりを食べていると
上の方から中年のご夫婦が下りてきました。
話を伺うとヒメギフチョウの保護と調査を
熱心に取り組んでおられるMさんでした。
今日は寒くて飛ばないようでした。
暖かければモロコシ山の山頂で舞うとのことでした。
20年もヒメギフチョウを保護する活動を
してきたそうです。
卵の数を数えたり、孵化した幼虫を守るために
ネットをかけたりしているとのことでした。
ヒメギフチョウを守るために
「赤城姫を愛する集まり」を設立して
ずっと活動しているとのことでした。
奥さんが下の駐車場に行って
年に1回発行している会誌の見本を3冊持ってきてくれました。

それには非常に詳しいヒメギフチョウの
調査の記録が載っていました。
一昨年発行の15号は
この近辺のスミレの特集だったので
15号を購入することにしました。
すると奥さんはまた下の駐車場に行って
わざわざ15号を持ってきてくれました。

午前中、展望台の山道で
いくつものスミレを見てきた話をすると
Mさんはスミレにも詳しく、
「ちょっと上に『サクラスミレ』が咲いていますよ」
と言って案内してくれました。
山道をちょっと入ると
少し大きめのサクラスミレが濃い紫色で
咲き誇っていました。
見たい見たいと思っていたスミレでした。
二人で交互にカメラのシャッターを切りました。
白花も近くにあると言うので
奥の方を探すと一株見つかりました。
花びらの色と形、葉の形を
瞼にしっかり焼き付けたのでした。

お二人から貴重なヒメギフチョウの情報を
教えてもらったのでモロコシ山に
登ってみることにしました。
3時を回っているのでチョウは見られなくても
卵は見ることができるでしょう。

地元の小学生が作った立て看板を見ながら
唐松林の緩やかな坂道を登りました。
ヒメギフチョウはウスバサイシンに
卵を産み付けるそうです。

|

« ヒメギフチョウを求めて(いちじん)その1 | トップページ | 35年ぶり (いちじん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/11519681

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメギフチョウを求めて(いちじん)その2:

« ヒメギフチョウを求めて(いちじん)その1 | トップページ | 35年ぶり (いちじん) »