« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年2月 6日 (火)

タゲリは田蹴り(いちじん)

5日の夕方、タゲリの塒であるキャベツ畑に回りました。
まだ時間が早かったせいか、そこにはタゲリはいませんでした。
がっかりして、反対側の麦畑(キャベツ畑の東)を見ると、タゲリ。
2羽が麦畑を動いています。
車から出ると、警戒するので車の中から観察。
リズムカルに麦畑の中を動き回っています。
スコープを出して覗くと、
数歩歩くと立ち止まっては、片足を1・2・3と打ち付けています。
そして、また数歩歩いて片足で1・2・3と蹴っています。
よく見ると、細かく足を振るわせながら蹴っているのです。
ときどき麦の間を嘴で突いています。虫がいたのでしょう。
2羽がリズムカルに田蹴りです。
長い冠羽が二つに分かれて風になびいています。
隣の畑にも3羽が同じように動き回っていました。
20~30分ゆっくり眺めていましたが、ずっと田蹴りをしていました。
こうやってタゲリは麦畑の害虫を退治していたのです。
よくみると、土色の鳥が近くで動き回っていました。
ヒバリです。3羽のヒバリが虫を探しているようでした。
タゲリが近づいても逃げないで餌探し。
今まで何度もタゲリを見てきましたが、
田を蹴っている姿を見たのは初見でした。
タゲリは田蹴りでした。
(タゲリの観察は車の中からが最高です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

もしかしてタゲリ(いちじん)

現在の通勤コースは3年目ですが、今までタゲリの姿を
見かけたことはありませんでした。
2月1日の朝7時頃、大きな交差点の手前をいつものように右折、
農道を東に向かって走っていました。
朝日が昇ろうとしていました。
左手の麦畑に鳥影、カラスより小さい、ドバトか、と思いながら
通り過ぎました。
しばらく行ってから、もしかしてタゲリ?
畑はもうずっと後ろになってしまいました。
確認しないでこのまま行ったら、後悔。
狭い農道でUターンはできないので、大通りに出て左折して
鳥のいた麦畑に戻りました。
すぐにスコープを出してチェック、
タゲリでした。
3羽が寄り添うようにじっとしていました。
昨夜は、ここで過ごしたのだろうか。
ここは、いつも観察しているタゲリの塒より数キロ東です。
朝日を浴びて、緑の羽根が輝いています。
でも、出勤途中、のんびり観察してはいられません。
急いでカメラを出して証拠写真を撮ろうとすると
舞い上がりました。
朝日に向かってゆっくりと羽ばたいていきました。
赤城山を左にして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »