« ちょっと鳥見 | トップページ | ちょっと鳥見(3) »

2008年2月29日 (金)

ちょっと鳥見(2)

<ウサギの足跡とコゲラ>
案内板を見たら
シメのいた森は「千年の森」だった。

「成人の森」は運動公園の北側だった。
その森の駐車場には車がなかった。
雪も一段と深かった。

誰も踏みしめていない森の中の道を
二人で歩くことにした。

私が前方を行った。
森に入ってすぐであった。
ウサギが前方を左から右方向へ
走り抜けた。
茶色の野ウサギだ。

先週の土曜日の朝、
ちょっと付けたNHK3チャンネルに
赤谷の森の映像に目が止まった。
昨年の冬、スノーシューで歩いたところだ。
子供番組で、解説している人は
私たちを案内してくれた
あのベレー帽の「佐々木洋さん」であった。

ウサギの足跡を
解説している。
どちらの方向にウサギは走っているのでしょうか?
横に二つは後ろ足、
縦に二つが前足、
ここまでは知っているが、
方向となると迷ってしまう。

映像はウサギが走っている場面に変わる。
白ウサギが雪上を走っている。
そして、足跡が映し出された。

佐々木さんが後ろ足の方へ
走っていることを解説していた。

そのことを思い出して
早速、確認。

まだ、着き立ての足跡
蹴られた雪がふわふわしている。
佐々木さんが解説した通りに
足跡が森の奥に消えていた。

スピードを出して走り去ったので
足跡の間隔が2メートルもあった。

誰もいない森、
雪、流れる雲、吹き付ける風、

前方の幹に
コゲラが止まった。
木の皮を突いている。
すぐに飛び移ってしまうのに
そこに虫がいたのだろうか
夢中で突いている。
私たちもそこでじっと
眺めていた。

下の雪上にはシジュウガラが
数羽餌を啄んでいる。
強風で餌になる木の実や虫が
落ちているのだろうか。

二人だけの森。

白の世界。

|

« ちょっと鳥見 | トップページ | ちょっと鳥見(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/40308327

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと鳥見(2):

« ちょっと鳥見 | トップページ | ちょっと鳥見(3) »