« 花魁道中 | トップページ | オオヨシキリ »

2008年5月 7日 (水)

ヒメギフチョウ

5月6日連休の最後、赤城山へヒメギフチョウに会いに行くことに。
幸い、五月晴れの好天気、赤城姫に会えますように・・・
以前、麓の村の橋の近くに舞っていたウスバシロチョウはいませんでした。
でも、キャンプ場へ行く途中で見たオオルリには一瞬ではありますが会えました。
Dsc_2180

二人で登っていくと、「赤城姫を愛する集い」のMさん達が
ヒメギフチョウの産卵調査をしていました。
Mさんは私たちに気付くと山道に降りてきてくれました。
「大分、卵があるのでほっとしています」
「案内のメールをありがとうございました」
その近くに一頭のヒメギフが飛んで来ました。
木漏れ日に咲くスミレにとまりました。
Dsc_2193

山頂までに9頭のヒメギフに会えました。
南面には十人くらいの人たちがいました。
頂上付近ではお弁当を食べていました。
少し下の方では数人がヒメギフの様子を観察していました。
オスがメスを追いかけています。
二頭が重なったりするのが見られました。
山頂近くで昼食をとりはじめていると
「交尾が始ったから、見に来て、30分くらい離れないそうよ」
という声が下から聞こえてきました。
Dsc_2217

この二頭が交尾しているともう一頭のオスが仲間入りしてしまいました。
三頭がもつれてしまってどうになっているのか分かりません。
Dsc_2227
しばらくしてから保護パトロールのベテランが三頭を指でつまんで
解説してくれました。
「20年も見ていますが、3頭の交尾は初めてですよ。
後から来たオスは、オスの方にくっついていますね。
メスは光る液を出していますが、この後交尾できなくするためのものです」
集まった人たちは代わる代わる写真を撮りました。

|

« 花魁道中 | トップページ | オオヨシキリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/41119379

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメギフチョウ:

« 花魁道中 | トップページ | オオヨシキリ »