« 今日であった鳥 | トップページ | 来年の年賀状 »

2008年12月29日 (月)

プラネットアース

NHKテレビ 10:05~
「緒方拳が見たプラネットアース名優最後のメッセージ」

緒方拳は見納めと思いつつこの仕事に
臨んでいた。
最後の訪問地はオオカバマダラの越冬地である
メキシコの山中。
何億というオオカバマダラが舞う中で
「この映像が映るとき、私はこの世にいません」と言って
暗い森の中に消えていった。

何という演技だ。
最後の言葉は自分で選んだのだろう。

青年時代に
緒方拳の額入りの色紙を
母の友人(緒方拳と仕事上繋がりがあった方)からもらった。
力強い「挑戦」という2文字だった。
ずっと自分の部屋に掲げていたことを思い出した。
今は見あたらない。

プラネットて何?
PLANET=惑星
惑星地球ということなのか。
緒方拳は今遠くから惑星地球を眺めていることだろう。

|

« 今日であった鳥 | トップページ | 来年の年賀状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/43571341

この記事へのトラックバック一覧です: プラネットアース:

« 今日であった鳥 | トップページ | 来年の年賀状 »