« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

1羽のタゲリ

昨日は2羽でしたが、
今朝は1羽でした。
Dsc_7519
一昨日は3羽でした。
さて、どの1羽でしょうか?
Dsc_7517
仮説1
28日 A・B・C
29日 A・B
30日 C

Aかもしれないし、Bかもしれない、
いや、Xかもしれない。
オスとメスの区別も分からないのだから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

朝のタゲリと午後のタゲリ

朝はいつもの所に2羽居ました。
昨日3羽だったのだから、
あとの1羽はどうしたのだろう。
この2羽が番になったのだろうか。
Dsc_7412

午後も2羽でした。
大通りに近い田んぼで餌取り。
「おやいたぞ」
Dsc_7484
「ここだな」
Dsc_7485
「いたぞ。それつかまえた。」
Dsc_7486
「うまい」
Dsc_7487
「つぎは、どこだろう」
Dsc_7488
「ここにもいそうだ」
Dsc_7494
「うまい。うまい。」
Dsc_7498
「顔面のアップをどうぞ」
Dsc_7504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

昨日いたタゲリか?

今朝は
昨日見た4羽のタゲリがいるかも知れないと思いながら
例の田んぼに近づいて行きました。
居ました。
居ました。
でも、3羽でした。
後の1羽はどうしたのだろう。
Dsc_7381
タゲリの田んぼ近くで
ツグミをよく見かけるようになりました。
Dsc_7401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

4羽もいた

中学校の同級生の父上のお通夜に行くため
1時間休暇をもらって
いつもより早く帰りました。
いつものタゲリの田んぼには
タゲリは居ませんでした。
この時間帯(17時頃)では
タゲリは居ないだろうと思いつつ、
タゲリの田んぼの幹線道路を挟んだ
西隣の田んぼの土手を見ると、
1羽、2羽、タゲリがいました。
Dsc_7367
細い農道に車を寄せて撮っていると
またタゲリが見えてきました。
3羽、4羽。
4羽のタゲリがいました。
薄暗くなっているので
良く撮れませんでした。
Dsc_7369

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

越生を訪ねて

1月24日、ネット仲間の集まりが
越生の山中でありました。
場所は・・・
Dsc_7285
賢治好きなご夫婦が立てたお店。
山猫軒
Dsc_7287
入口のドアは
ちょっと不気味でした。
Dsc_7289
中にはいると
薪ストーブが赤々と燃えていました。
6人は古代米のカレーを
注文しました。
Dsc_7296
味わいのあるお米でした。
少し辛かったけれど
スパイスがきいていて美味でした。
食べているとき
外では雪が舞い始めました。
Dsc_7295
ジャズが奏でる素敵なお店でした。

その後、
巨木を見に行きました。
Dsc_7314
それは大きな楠木でした。
Dsc_7300
私は夕方同窓会があったので
けいこさんを皆さんに托して
高崎に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

タゲリのこと

この1週間を記録します。
19日(月) 2羽
20日(火) 出張のため観察できませんでした。
21日(水) 0羽
22日(木) 2羽
23日(金) 休暇のため観察できませんでした。

19日と22日の2羽は同じタゲリでしょう。
番でしょうか?
Dsc_7217
この2羽だけがここに残ったのでしょうか。
他のタゲリ達は他の土地に行ったのでしょうか。
Dsc_7218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

今年初めてのタゲリ

年が明けてから
タゲリの姿はありませんでした。
今朝もいないと思っていましたが
念のため田んぼの中央の掘り返してあるところを・・・
おや、居そうだ。
黒っぽくて見落としてしまいそうな鳥影
居ました。
2羽。
Dsc_7194
12月26日以来です。
暮れにいたタゲリの仲間でしょうか。
そうだとすれば、タゲリ達は遠くへ行っていなかったのでしょう。
Dsc_7206
それとも北から新しく来たタゲリでしょうか。
しばらくここに居ると良いのですが・・・
さてどうでしょうか。

仕事の都合で午後2時頃、
田んぼ近くを通りましたが
タゲリの姿はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

映画「禅」

私たちは11日14:30からの映画「禅」を見に行きました。
客席は満席でした。年配の方が多かったです。
夫婦割引で2人で2000円。
一人でもシルバー料金1000円となり、
嬉しいような寂しいような・・・

さて映画ですが
大谷哲夫氏(駒澤大学総長)の描いた道元禅師の生涯でした。
氏の著書「永平の風」も読んでみようかと思います。
道元禅師が正法眼蔵と取り組む姿がもう少し欲しかったです。
舞台回しの遊女「おりん」は高橋監督の創作でしょう。
波多野氏と道元禅師との交流をもう少し知りたかったです。
最後の場面の子供の坐禅の時の手の組み方に
なぜか涙が止まりませんでした。

国内だけでなく、世界で見られる映画と
なることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

タゲリの記録について

今朝もタゲリは居ませんでした。
しばらくタゲリの記録を休みます。
戻ってきたら報告します。

阿左美沼の西側の道路端にセンダンが実っています。
昨日はヒヨドリが、
Dsc_6234
今朝はムクドリが来ていました。
Dsc_6337
ヨシガモも相変わらず居ます。
オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロのオスとメス
Dsc_6354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

今朝もタゲリはいませんでした

暮れにはいつも居たのに
年が明けてからは
見られません。

帰りに田圃のところを通ると
観察道路の入口に
工事中のため進入禁止という
立て札が置いてありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

少林山の達磨市

1月6日の夕方から7日の朝まで、少林山の達磨市です。
という7時のニュース見て思いついて
二人して9時頃出かけました。
風が無く、上弦の月が煌々と輝いていました。
階段下では、危険防止のため入場制限をしていました。
階段を登るまでに30分も待ちました。
お陰で本堂の周りの人が少なくゆっくりできました。
Dsc_6294
値段は交渉次第です。
始め、2400円と言っていたお兄さん、
これも縁だからとすぐに2000円にしました。
そこで、1500円にならないかと
掛け合うと、
1800円でお願いしますと言われ
そこで手を打ちました。
家内安全と書かれた達磨でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タゲリはどこに・・・

今日もタゲリは居ませんでした。

最近、田圃の東側にある農道の工事(3面側溝)が始まりました。
工事車両が多く行き交い、
工事する人も多いのでタゲリ達は
居を移したのかも知れない。
あるいは、
野犬か野良猫が近づいたからなのか。
あるいは、
この辺りの餌が無くなってしまったからなのか。
あるいは、
寒さが増してきてもっと暖かい南方に行ってしまったのか。

また、戻ってくるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

タゲリは居ませんでした。

仕事始めで10日振りの出勤です。
タゲリ達どうしただろうか。
少しの期待と少しの不安・・・
田圃を眺めましたが
タゲリは居ませんでした。


阿左美沼の2羽のヨシガモは
沼の中央でオオバン達と一緒に
赤城下ろしの波に
揺られていました。


夕方4時頃
タゲリの田圃近くを通りましたが
タゲリの姿はありませんでした。
すっかり居を移してしまったのだろうか。
たまたま今日は居なかったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

初鳥見

二人とも体調が万全でないので
近場でいろいろな種類が見られるところ・・・
年賀状でキクイタダキの美しい写真を送ってくれたKさんの
フィールドに行くことにしました。
駐車場からすぐ降りたところで
見たことのない鳥影
スコープで追っていると頭上が黄色
キクイタダキ。
写真はシルエットです。
Dsc_6176
近くでジョウビタキがいろいろなポーズを
取ってくれました。
Dsc_6187
下の方にシロハラ、木の枝にアオジ。
けいこさんが「ベニのメスよ」と
興奮気味。
沢沿いを降りていくと
ルリビタキが飛んできました。
Dsc_6209
さらに沢沿いを下っていくと
大きなカメラの人が撮影中。
カメラの先はミヤマホオジロでした。
階段で餌を啄んでいました。
そこを避けて沼の方へいきました。
小さな木橋を渡っていると
枯れ草の中へ
ベニマシコのオスとメスが飛んできました。
橋から落ちそうになりながら
証拠写真
Dsc_6221
その後、ツグミ、カシラダカの集団にも
出会えました。
黄色、青、赤の3色に出会えた
ハッピーな初鳥見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

最後の柿の実に

ツグミがやってきました。
Dsc_61531
庭でしばらく落ちた柿の実を
突いていました。
Dsc_6164

つぎにスズメがやって来ました。
スズメは敏感で人の気配で
すぐに逃げてしまいます。
Dsc_6173

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪山 雪が支える神秘の高原

今夜、BSハイビジョンで大雪山の
厳しさと素晴らしさが紹介されました。
二人で1時間半、釘付けになって見ていました。
雪の結晶、高原の花々(チングルマ、エゾコザクラ等)、エゾシカ、ナキウサギ、
ヒグマ(花を求めて高根ヶ原に集まるという習性)などに感激しました。
鳥好きの私たちにとって、ホシガラスしか紹介されなかったのと
大雪山に行ったとき見た咲き始めのクモイリンドウが見られなかったのが
少々残念でした。
2007年8月10日コマクサ平のクモイリンドウです。
Rimg0187


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

オカリナ

高校時代のクラス会があった。
と言っても隣のクラスのクラス会であるが
去年から友人に誘われて参加している。
20人位集まった。
先生もお元気で、
長く続いているスキー愛好会の案内をされた。

隣席に中学が同じのS君が座った。
彼は仕事の他にオカリナをやっている。
先生(宗次郎の直系)についてもいるが、
沼田まで教えにも行っている。
4人で組んでロビーコンサートもしているとのこと。
1時間くらいのステージだそうだ。
機会があったら、一度彼のオカリナを聴いてみたいと思った。

1997年に、オカリナをやっているYさんから
オカリナをプレゼントされたが
そのままになっていることを思い出した。
今年は音を出してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

映画「禅 ZEN」

朝日新聞の
十二月三十日、三十一日の二日間
映画「禅 ZEN」の前面広告が
掲載されていました。
三十日は、「道元禅師」の著者である
立松和平氏が
コメントを書いていました。
三十一日は、境野勝悟氏が
「春は花 夏ほととぎす
  秋は月 冬雪さえて 冷(スズ)しかりけり」
について述べていました。
映画「禅 ZEN」は一月十日に封切られます。
是非見たいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »