« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

高崎五万石騒動研究会

毎月1回定例会が行われています。
今月は高校時代のT君に報告を
お願いしました。
T家に代々伝わる槍や脇差しそして、
大学時代の友人に描いてもらったという
高崎城の絵図まで持参して頂き、
丁寧に詳しく話をしてもらいました。
104歳まで元気だったお祖母様から
聴いたという話は良かったです。
細かいところまで覚えている
T君の記憶力にも感心しました。
過去の歴史的資料が消えていく現在
貴重な話でした。
若いときから詩を作っているそうで
詩集を送ってくれるとのこと
後日紹介できればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

今朝はタゲリが・・・

いつもの田んぼには居ないだろうと
思いながら
確認すると
意外や意外
何か居そうです。
初めキジバトのように見えました。
Dsc_8298
双眼鏡で確認すると、
タゲリでした。
うずくまっています。
1羽だけで一晩ここで
「仲間はどうしているのだろう」と思いながら
過ごしたのでしょう。
Dsc_8296

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

今朝も居ませんでした。

いつもの所にタゲリは居ませんでした。

阿左美沼を東から眺めました。
遠くにヨシガモ達が見えました。
Dsc_8281
ヨシガモはいつも
中央付近にいます。
Dsc_8282
東の縁で
餌やりしている人のところに
オナガガモが来ていました。

野鳥の会の掲示板に
赤城にレンジャクが
来ているという一報が
入りました。
キレンジャクも入っているとのこと。
今年は会えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

キンクロハジロ

今朝はタゲリは見あたりませんでした。

阿左美沼の西側に回ってみました。
比較的近いところに
キンクロハジロが居ましたが
せっせと沼の中央の方に
泳いで行ってしまいました。
Dsc_8250
慣れていて岸の方に
餌をもらいに来る
オナガガモとは
大分違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

阿左美沼の水鳥

久しぶりに阿左美沼に
回ってみました。
今朝は風がなく
波立っていませんでした。
南から見ると
鳥たちが中央から東側に
寄っていました。
曇天なので
ヨシガモの羽が光りません。
オオバン、ヒドリガモと
餌を啄んでいます。
Dsc_8177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曇天のタゲリ

曇り空でしたが
1羽居ました。
道路に出てきて居ました。
Dsc_8210
道路の中央に出てきてしまった
タゲリです。
Dsc_8211
私の大好きな
麦田の中のタゲリです。
Dsc_8223
土手に上がった
タゲリです。
Dsc_8216
冠羽をアップしてみました。
Dsc_8229
後ろ向きも如何ですか。
Dsc_8231
最後は右向き
麦田の中です。
Dsc_8240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

久しぶりの雨

雨の中のタゲリは見られませんでした。

久しぶりの雨で
麦は生き返ったようです。
群馬の早春は麦畑の
緑です。
タゲリたちはいつまで
居るのだろうか?
そして北へ・・・
どこまで行くのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

近くの丘陵で鳥見

近くの丘陵に鳥見に行ってきました。

出会った鳥
ツグミ、ヒヨドリ、
シジュウカラ、ヤマガラ、スズメ
ホオジロ、カシラダカ、シロハラ
エナガ、コゲラ、ハシブトガラス、
ジョウビタキ♂、カケス、
セグロセキレイ、ハクセキレイ

声のみの鳥
アオジ、ウグイス、コジュケイ、
ガビチョウ(カオジロか不明)

コースを間違えてしまって
引き返したときです。
二羽が枯れ草の原の上を飛んできました。
スコープで覗いた私が
「モズだな」
と言うと
「いや、違うわ。
ベニマシコのメスよ」
とけいこさんが図鑑を見せてくれました。
そう言われれば
尾がモズより短いです。飛び方もモズと違いました。
慌ててシャッターを切りました。
Dsc_8145
「ベニマシコが居そうなところだし、
先日M公園でベニマシコのメスを見たから
すぐに分かったの」
期待していた鳥だったので
二人で喜びました。
オスも出てくるかもしれないと
しばらく待ちましたが飛んできませんでした。

車道に出るとジョウビタキのオスが
迎えてくれました。
Dsc_8156

汗びっしょりの鳥見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

2月17日の鳥はコチョウゲンボウでした

野鳥の会群馬県支部に
問い合わせていたところ
コチョウゲンボウの♂という
回答がありました。
もう一度見てください。
Dsc_79941
このコチョウゲンボウは
こんな田んぼにいました。
中央にいるのが分かりますか?
Dsc_79951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

雪中のタゲリ

この冬初めての雪の朝、
タゲリはどうしているだろうか?
久しぶりの雪景色
一面の雪の原。
居ました。
居ました。
雪中のタゲリ。
Dsc_8074
2・3枚撮ったとき
2羽のうちの1羽が
「ミュー」と鳴いて
飛び立ちました。
この冬初めて聴いた
タゲリの一声。
Dsc_8080
もう一羽は相変わらず
うずくまっていました。
Dsc_8075
少し北側に行くと
カワラヒワが忙しく
餌を摂っていました。
Dsc_8090
久しぶりの雪も淡雪。
帰りには消えてしまって、
朝のあの
雪中のタゲリは、
幻だったのではないかと
思うほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

タゲリはいなかった

今朝は例の田んぼにも
かくれんぼの草原にも
タゲリの影はありませんでした。

タゲリはそろそろ
北国へ帰ります。
今年はこの地を何時離れるのかが
これからの課題です。
だから今しばらく
タゲリ探しを続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

長寿銭

近所のおばさんが亡くなり、
今日は葬式のお手伝いでした。
94歳でした。
香典返しの中に長寿銭が入っていました。
90歳を越えると長寿になるようです。

お清めの席で
隣に座ったMさんのお母さんは
104歳でした。
亡くなる数日前まで
手押し車で歩いていたそうです。
前の席のKさんのお父さんは99歳でした。
写真が趣味で
いつもカメラを首から提げ自転車に乗って
出かけていました。
お二人とも近所の方で
あやかりたいと思っています。

タイミング良く
今夜のクローズアップ現代は
これからの高齢者の生き方がテーマ。
ファーストフード店で生き生き働く
先輩達の姿。
おむつを外し自分で排泄するように援助することで
利用者が前向きになったという介護現場。
生涯現役時代の到来を
予言していました。

さて私は・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

夕方のタゲリと?

夕方
タゲリの田んぼのところを通りました。
朝居たところには、タゲリはいませんでした。
ところが、西の方へ5・600メートル行った田んぼに
1羽のタゲリが降りました。
Dsc_7998
赤城山を背景に
麦田の中のタゲリ、
絵になります。
Dsc_7978
車をUターンさせるため
少し前進させると
もう1羽居ました。
でも、羽の色が薄い水色に見えました。
カメラで撮って拡大すると
Dsc_7991
タゲリではありません。
チョウゲンボウにしては
青っぽ過ぎる。
ハイタカ?
今、図鑑で調べてみて
コチョウゲンボウかな?
初認です。
どなたか、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居ないかと思って・・・

今朝も、例の田んぼにも
いつもの草原にもタゲリは居ませんでした。
昨日知った道を行きました。
その道は草原の北側にあり、
草原の南の方が眺められます。
Dsc_7946
遠くに何か居そうです。
双眼鏡で確認すると
居ました。
西からでは見えなかったタゲリが
北からだと見えました。
Dsc_7949
数えると5羽も
居ました。
みんなこっちを見ています。
Dsc_7950
昨日もここから見ていれば
観察できたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

どこにも居ない

例の田んぼにも
いつもの草原にも
タゲリの姿はありませんでした。

いつも左へ曲がって50号に出たのですが、
今朝は右へ行って
50号の下をくぐってみたところ
北側から
50号に入ることができました。
こんな道があったのに
いままで気付きませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

井野川の鳥

久しぶりに井野川を歩きました。
暖かい日で上着を車の中に置いて行きました。
まずツグミが畑でチョンチョンと餌取り、
今年はツグミをよく見かけます。
Dsc_7883
モズが両岸を
行ったり来たりしていました。
茶色の頭がきれいでした。
Dsc_7893
今日はカワラヒワが沢山いました。
何度も見られました。
Dsc_7914
キセキレイが石の上を
飛び交っていました。
Dsc_7916
セグロ、ハク、キと3セキいました。

カモはカル、コ、マの3種類でした。
マガモが流れの任せて
下っていきました。
Dsc_7924
向こう岸の枝に
カワセミが留まりました。
ダイビングはしませんでした。
下の嘴が赤いのでメスでした。
Dsc_7929
ヒバリが鳴いていました。
麦田の中に降りました。
幼鳥のようでした。
Dsc_7932
暖かいのでチョウも
飛んでいましたが
なかなか留まりません。
枯れ葉の中に
紛れているキタテハを
やっと見つけました。
Dsc_7936
Dsc_7941
この他にも
白いのと黄色いのも
見かけました。
梅の花が8分咲きで
甘い香りの漂う川沿いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

サロン・コンサート(翼然音楽)

群馬交響楽団の首席チェロ奏者
グルチンさんが中心になって始めた
サロン・コンサート。

グルチンさんが映画の一部を編集して
グリンカとリストのエピソードを紹介した後
演奏会が始まりました。

福島明也さんのバリトンは堂々とした声で
良く響き心地よかったです。

ピアノはグルチンさんの奥さんユリヤさん
流れるような演奏でした。

グルチンさんの自信ある指裁きから
生まれてくるチェロの音色には
深みが感じられました。

演奏会の後、
ユリヤさんのお手製のクッキーで
紅茶を頂く。
今夜が第1の夕べでした。
第2の夕べ(4月10日)も聴きたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝も草原で

タゲリは昨日と同じ草原に
居ました。
Dsc_7854
2羽+α(1羽~2羽)
今朝は隠れている気配が少なかったです。
Dsc_7851

夕方は見かけませんでした。

妻からの情報

妻の友人夫妻が
幾日か前、東毛へ行った帰りに
ここで10羽近いタゲリを見たそうです。
カメラを持っていなかったので
後日カメラを持って行ったところ
居なかったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

タゲリのかくれんぼ

今朝もいつもの畑には居ませんでした。
通り過ぎて東の草原に
居る気配。
逆光でよく分かりません。
Dsc_7847
よく見てください。
草が伸びて見つけにくくなりました。
でも、この草の中にいます。
そうです。
右上と左下です。
Dsc_7839
この他にも数羽居るように
感じられました。
今朝の羽数=2羽+α(2~5)羽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

近藤亨さんの講演会

今日13:30から
前橋市市民文化会館で
近藤亨さんの講演会
「ネパール辺境から現代日本へのメッセージ」
があります。
NHKラジオ深夜便で近藤さんの話を
聴いて感動。
今日は直にお聴きしてきます。
いろいろ紹介されていますが
とりあえずどうぞ。
http://www.geocities.jp/yuho1111/nepal/6.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演を聴いて

近藤亨さんについて
もうすぐ米寿になられる87歳
白い髭のよく似合った情熱の人でした。

演題は
「ネパール辺境から、現代日本へのメッセージ」
でした。
日本の農業の衰退を1970年代に予言。
日本の農業技術と精神をネパールで実践。
ネパールの辺境ムスタンで
リンゴを熟させ、コシヒカリを実らせ、
乳牛、鶏、山羊、綿羊、鯉、ニジマスを育てた人。
橋を架け、学校を建て、病院を造った
現代の偉人。

平成3年、70歳の時
家族(奥さんと3人の娘さん)と別れ
ネパールへ
貧しい人々を救うために旅立つ。
命がけでやれば夢は叶う。
日本の農業者よ目覚めよ。
とおっしゃる。
現代の宮沢賢治だ。
いや、世界の近藤亨だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

夕方のタゲリ

朝は居ませんでした。

夕方、通ったとき
いつもの所より
200メートル西方の田んぼの土手から
急に舞い上がったのに出くわしました。
1羽でした。
驚きました。
北風に向かって悠々と飛んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

カラスの出勤

今朝、タゲリは居ませんでした。

カラスの塒になっている群馬の森は
我が家の南東方向、約6キロにあります。
朝6時半に家を出ますが
カラスもこの時刻に
西へ北へとご出勤です。
上空を
それぞれの職場(餌場)に向かって
まばらに飛んで行きます。
鳴き声を立てずに
静かに飛んでいきます。
多分、それぞれにテリトリーがあるのでしょう。
毎朝飛んで行きます。
まるで自分を見るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

フクロウは出てこなかった

7日は15時から3時間。
8日は6時から2時間。
野辺山高原を車で
フクロウとの出会いを求めましたが
叶いませんでした。
最後に
ハギマシコの200羽の集団に
出会いました。
Dsc_7719
忙しなく集団で
餌を摂っていました。
Dsc_7725
赤岳が
美しかったです。
Dsc_7792
帰り道
ノスリに出会いました。
Dsc_7805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

佐久の調整池で

清里へ行く途中
佐久の調整池にちょっと寄ってみました。
ミコアイサは居るかな?
居ました!居ました!
中央に1羽。
Dsc_7677
「変わったのが居るわ。
何かしら」
「どれどれ」
身体に3本の黄色い線が鮮やかな鴨。
図鑑で確認すると
トモエガモ。
Dsc_7670_2
二人とも初認でした。
だんだん見えてきて
5羽数えることができました。
他には
カワアイサが多かったです。
この時は気付きませんでしたが
画像で見ると
スズガモのメスも居ました。
Dsc_7669

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

夕方のタゲリ

今朝は例の田んぼにタゲリの姿は
ありませんでした。
夕方、いつもより少し早く通ったところ
道路を隔てた西の麦田の中に
いました。
急いでいたので
正確ではありませんが
7羽はいました。
麦が伸びてきて分かりにくくなって
来ました。

ここのビニールハウスでは
去年までトマトを作っていました。
今年からイチゴになりました。
トマトの病気が入って、
全滅してしまったので
切り替えたそうです。
やよい姫、ほっぺ、あき姫、などを
作っています。

「よく鳥を撮っている人が
いるけど、あんたかい」と
言われました。
「頭に長い羽があって、
羽がグリーンできれいだけれど、
何て言う鳥?」
「タゲリです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

こんなところにタゲリが

いつもの所にはタゲリは居ませんでした。
そこから50メートル東へ、そして左折して
北へ30メートル行ったところでした。
左側は麦田、右側は雑草地
その草原に黒い影。
タゲリだ。
Dsc_7639
霜が降りて白い雑草の中に
タゲリはうずくまっていました。
スコープで覗くと
目はキョロキョロ動いていました。
Dsc_7632
数えると
なんと6羽。
羽に霜が載っている
タゲリも居ました。
Dsc_7650
雑草の中で
静かに
一夜を明かしたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

カラスの塒(ねぐら)

今朝も、例の田んぼにタゲリは居ませんでした。

高崎の東方に群馬の森があります。
美術館や歴史博物館があり、
広い芝生や
大きな木々が茂っています。
夕方になるとそこに
もの凄い数のカラスが帰ってきます。
数えたことがないので分かりませんが
何千羽の単位でしょう。
それは賑やかです。
森に入る前に高圧線に留まります。
まるでムクドリが電線に止まったように見えました。
群馬の森はカラスの塒になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

タゲリという名前

例の田んぼに今朝もタゲリは居ませんでした。

2年前になります。
その年は前橋市後閑町の田んぼに
タゲリをよく見に行きました。
ある夕方
麦田でタゲリが餌を摂っている姿を観察できました。
1本足で立ち、
上げた片方の足で素早く地面を繰り返し叩いていました。
時々、出てきた虫を食べていました。
昔の人はこの餌の取り方を見て
田蹴り=タゲリと命名したのでしょう。

でも、
1月29日ミミズを捕っていたとき(初認)は
地面を叩いていませんでした。
タゲリではなくタケラズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

タゲリの目

2月2日の浅間山が噴火した朝、
風の向きが北西のため
当地には降灰がありませんでした。

タゲリは居ませんでした。
今日はタゲリの目について一言。
以前の画像ですが
まるで人の目のように見えることがあります。
Dsc_72061
如何ですか?
鳥に白目があるはずないのに
もしかして・・・タゲリには白目があるように
思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »