« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年7月12日 (日)

研修旅行

中央公民館連絡協議会の研修旅行に出かけました。
富岡市の製糸場跡、
甘楽町の武家屋敷跡、
妙義町の美術館、妙義神社でした。

個人的には何度も訪ねていますが
由緒など詳しいことは知りませんでした。
今回、32人の団体でしたので
解説してくださる方をそれぞれの所で
お願いしてありました。

詳しい話が聞けて
良かったです。富岡製糸場は明治5年にフランス人の力を借りて
開業しました。
当時、フランスでは蚕の病気が蔓延、
製糸業が壊滅状態になっていたので、
日本に手を伸ばしたそうです。
女工として働いた長野県の和田英の
「富岡日記」は一読したいものと
思いました。
http://cruel.org/books/tomioka/tomioka.pdf#search='

甘楽町の武家屋敷跡は何度も
歩きましたが、織田家の墓は初めてでした。
お寺が焼けてしまったそうですが
小さなお寺が再興されていました。
焼けて割れた墓石が痛々しかったです。

楽山園は大分施設が整って
見事な庭園になっていました。
足軽の長屋が新しくなっていました。
時間が無くゆっくりできないのが
残念でした。

妙義神社は社務所の中に入って
お話を伺いました。
神仏習合で妙義大権現となり
江戸時代は多くの人の信仰の対象となりましたが
明治初期の廃仏毀釈により
寺院関係のものは取り壊されてしまったようです。
ひとつ残ったのが
白雲山石塔寺の仁王門で
立派な仁王が目を見開いて
睨んでいました。

クマガイソウは花期を過ぎていて
勢いの良い葉だけを
拝見しました。

充実した研修旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

予選落ち

全国きき酒選手権群馬大会に参加しました。
170人の応募者の中から
100人が選ばれました。

6種類の酒が出されます。
6分間、よく味わって匂いを嗅いで
メモします。
次に同じ酒が順序を変えて出されます。

見本に出された酒と同じものを探します。

簡単なようで意外と難しい。
味わいの最も薄い酒と、一番濃い酒を
探すのはできましたが、後の4種類は皆同じように感じて
迷いました。

味わっている暇はありませんでした。

予選通過者は15人。
今年はレベルが高くて4種類当てないと残れませんでした。
私は最も薄い酒が当たっただけでした。

決勝戦で上位2人が同点。
予選も同点。
若い方が優勝ということで年齢の差に。
ところが同じ38歳。
そこで、産れ月で決めることに。
4月と12月なので12月生まれが優勝と決まり、
優勝杯授与。

審査員から訂正のアナウンス。
12月生まれは38歳と6ヶ月
4月生まれは38歳と2ヶ月
よくよく考えると4月生まれの方が若いことに
なりました。

そこで、表彰式のやり直し。
優勝者が準優勝に、準優勝が優勝者に。
2人は全国大会に出場です。

この後、抽選会がありました。
10人に米5キロ。10人に大吟醸。

私には大吟醸が当たりました。

ご夫婦で参加の方もありました。
来年は二人で参加してみよう。

ちなみに参加費は1000円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »