« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

群馬学連続シンポジウム

県立女子大で開催された
「上野三碑ー輝ける古代群馬の至宝」に
行ってきました。
Dsc_7569
今回は人気があって会場が満席でした。(550人)
山ノ上碑、多胡碑、金井沢碑について
4人のパネラーから
発表がありました。
多胡碑は日本語が初めて表記された碑ではないかと言う
熊倉氏の考えは面白い。
また、多胡碑に書かれている人物名と
竹取物語の登場人物との類似性を指摘した
NHKチーフプロデューサーの泉谷さんの発想も凄いと思いました。
松田氏の渡来人の技術力によって高度な文化が栄えていて、
大和にその力を波及させたと言う考えはその通りだと思いました。

多=多くの
胡=外国人
この文字からしてここには多くの渡来人が来ていたことを示しています。
今回はこの指摘はありませんでした。私の私見です。

久保氏の地域で多胡碑を代々守ってきたと言う
地元の方の生の声は印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

ヤツガシラとショウガの収穫

静かな秋日和
畑に出て、ヤツガシラとショウガを収穫しました。

ヤツガシラは茎も乾燥させて食べます。
私が育てたものだから、
親芋も子芋も小さい。
隣に住む嫁に子芋をやったら
早速茹でて
甘味噌をつけて食べたそうな。

ショウガはまあまあのでき。
初めてなので
義母に漬け方のコーチをしてもらいました。
夜、洗って塩をまぶして重石を載せました。
明日、塩を洗い流して
煮立てた甘酢に漬けます。
上手くできると良いのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

俄か宅配便

俄か宅配便をしました。

一つは、県民会館から従兄弟の作品を
自宅まで届ける仕事。
50号の日本画、大きいので後部座席を倒して
運びました。

もう一つは、A会のメンバー5人に資料を配達しました。
みんな市内ですが、初めて行く家ばかり。
ネットで調べて、プリントアウトして、大丈夫と思って
出かけました。
5時を過ぎて暗くなってしまったので
2軒目のNさんの家が分からない。
携帯をしても出られない。
車がやっと通る
込み入った細い路地を行くと
男性3人が向こうからやってきました。
車を止めて、道を聞こうとして顔を合わせると
なんと30年前、一緒に仕事をした事のあるKさん。
会合に行くところだったのに
一緒にNさんの家を探してくれました。
車を降りて目印の
お寺の裏まではすぐに行けたのですが
そこからが分からない。
2軒のお宅にお尋ねして
やっとNさんの家にたどり着きました。

Kさん、助かりました。
ありがとうございました。

あとの3軒は、携帯を使って割とスムーズに
行くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

鍋割山

赤城の黒檜山に登ろうと出かけました。
大沼に行くと、強風で波頭が白く見えます。
台風20号の影響で厚い雲が覆っていて
黒檜山は見えません。
諦めて鍋割山にすることにしました。
箕輪の駐車場に降りて登り始めました。
カラマツの落ち葉のフワフワ道
Dsc_7396
風が強く小雨もパラツク天気でした。
尾根筋を行くと谷の方を見ている人がいました。
振り向くと虹でした。
Dsc_7428
保育園の親子遠足で
沢山の幼児がお昼を食べていたので
びっくりしました。
頂上から関東平野が一望できました。
厚い雲が流れて来たので
急いでオムスビをほうばりました。
雲が流れると鈴ヶ岳方面が見えました。
Dsc_7462
登りでは気付かなかった
最後のマツムシソウが
強風になびいていました。
Dsc_7475
降りてくると
厚い雲が飛び去り、
晴天になりました。
紅葉が鮮やかになりました。
Dsc_7543

帰りに
県民会館で開催している
「ぐんまの日本画展秋季展」に寄って
従兄弟の作品を見てきました。
Dsc_7556
            「家路」会長奨励賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

高崎市中央公民館文化祭

今日は舞台発表のお手伝いをしました。
ピアノや椅子・机の出し入れ、
それから緞帳の上げ下げでした。
スピーチあり、詩舞あり、合唱あり・・・
(けいこさんの合唱団は今年参加しませんでした。)
Dsc_7368
バライティーに富んでいました。

オカリナの演奏者の中に
中学の時の同窓生と
大学の時の同期生がいました。
なかなか良い演奏でした。
Dsc_7354

特に良かったのは、
リコーダー演奏でした。
南米の太鼓の音と笛の音が
マッチして心地良かったです。

太極拳や自彊術、
気功や玉すだれ民謡など
初めて見るものもあり、
いろいろ勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

乗り違い

用事があって二人で、上京しました。
湘南ライナーで新宿へ
新宿から中央線に乗り換えて
中野へ行く予定でした。

新宿駅が広い、
そして中央線のホームまで遠い、
やっと中央線という標識があったので
そのホームに入って
来た電車にすぐ乗りました。
しばらく走ってから、おかしい・・・
どうも東京方面行きの上りに乗ってしまったようだ。
次の代々木で降りて
ホームを変えて下りに乗りなおしました。

先日は1人で来て乗り違いをしましたが
今日は2人で乗り違い。

会が始まるまで時間があったので
丸井本店ビル近くの本屋に入りました。
さすが東京、本の数は多かったのですが
ネパール語の本は1冊しかありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

お酒の味わい

酒の好きな高校時代の仲間(十数人)の酒宴がありました。
自分の好きな酒が持ち込みできたので
こんなにお酒が集まりました。
Dsc_73111

焼酎も何本かありました。
普段は飲めない大吟醸もありました。

お猪口に一杯ずつ、
それぞれのお酒を順番に味わいました。
自分で持っていった愛媛の酒は
辛口とありましたが、温かい地方の酒のせいか
辛くなく滑らかな味でした。

昔話や近況報告等々
遅くまで話が盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

文字化け

小さな小冊子の編集を頼まれ
始めました。
あるフロッピーを開けると文字化け、
私の古いPCはワード2003。
最近は
ワード2007で入れているようです。
お蔭で、文章が見られません。

ワード2007を入れなくては
仕事にならない事が分かりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

オリオン座流星群その2

21日の早朝起きて、観測。
3:45~4:00 4個
4:00~5:15 6個 人工衛星 2機(北→南) 飛行機 1機(東→西)

空に雲が無く、良く観測できました。
4:00前後に7個見えましたが、後は
なかなか流れませんでした。
オリオン座周辺というより
天頂近くが多かったです。

4:00からけいこさんも参加しましたが、
なかなか見られず、
4:30には部屋に戻ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

オリオン座流星群が

見えるというので4:45分に起きました。
毛布を足に巻いて観察。
4:00からのラジオ深夜便は
小田島雄志氏のシェイクスピアの話でした。
オリオン座も良く見え、
また、南から北へ飛ぶ人工衛星も
はっきり見えました。
小田島氏の演劇論も面白く
良かったのですが、
肝心の流れ星は4:00前後に
たったの3個。
1時間に50個は見えるといった
情報を聞いていたので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

柿の実

今年は熟さないうちに大分落ちてしまいました。
木に残っているのはいくつもありません。
渋が抜けていそうなのを
一つもいでみました。

見るとイラガの幼虫がついていました。
幸運にも指に触れませんでした。
もし触れていたら
大変な痛みを受けるところでした。

へたの方に少し白っぽいところがありました。
そこを取って食べてみました。
柔らかくて
甘かったです。

秋を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

群馬県合唱祭

第53回の群馬県合唱祭が
渋川で行われました。
午後の部を聞いてきました。
Dsc_7254
前橋のK中学校の合唱はアカペラでしたが
声がきれいでした。
また、前橋の男性合唱団の演奏は
力強くて迫力のある演奏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

運動会

孫の保育園の運動会に行ってきました。
子どもたちが力いっぱい
全身で表現していました。
日頃、音楽に乗って全身を
動かしていることが伺われました。
Dsc_7121
若い職員の全力での取り組みが
清々しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

愛媛旅行 第3日

道後温泉本館近くの宿に
泊まりました。
Dsc_70141
子規記念博物館が休館だったので
公園の山に登りました。
松山城が見えました。
Dsc_7041
松山城にリフトで上りました。

Dsc_7064
愛媛大学がすぐ下に
見えました。
その後、戸部の梅山窯を見に行きました。
Dsc_7092
展示室に棟方志功の書がありました。
Dsc_7107
ご飯茶碗を買いました。
Dsc_7108   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

愛媛旅行 第2日

宿から見えた風車
朝の風で回っていました。
Dsc_6800
佐田岬灯台です。
この下でヒヨドリの渡りを観察しました。
7:30~10:00までに
5000羽が海に飛び出しました。
Dsc_69431
オオタカに追われて
方向転換するヒヨドリたち
Dsc_68321
島の上で数百羽の集団になります。
魚やクジラの形になったりしながら
海に向かって飛んで行きます。しばらくすると急降下して
海面すれすれのところを飛んで行きます。
Dsc_68861
駐車場近くに
海にもぐって取った海藻を
販売しているおばちゃん(現役の海女さん)がいました。
Dsc_6961
松山に行く途中、内子の町並みを
見ていきました。
Dsc_6975
和ろうそくを作っていました。
芯が太く明るいろうそくになります。
Dsc_69851

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

愛媛の旅 第1日

機内からの瀬戸内海
Dsc_6665
初めて四国の地に
踏み入れました。
従兄弟に勧められて行った
日本で一番海に近い駅
下灘駅
Dsc_66791
閑散としていると思って行きましたが、
観光客で賑わっていました。
Dsc_67161
昭和10年に完成した開く橋
日曜日の午後1時に開くと聞いて
橋近辺で待ちました。
年輩のご婦人が自転車で来て
操作していました。

佐田岬の突端に向かいました。
途中の道の駅で食した「じゃこ天」です。
Dsc_6729
風力発電の風車が林立していました。
Dsc_67381
中国山地に沈む夕日です。
Dsc_6770
この晩は民宿「大岩」に泊まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

義弟の還暦祝い

駅前の寿司屋で
義弟の還暦祝いをしました。
Dsc_6643
還暦記念旅行は
私たち夫婦と一緒に
伊豆半島方面に行くことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

展覧会

Dsc_6533
毎日新聞社の1階で
滝川さんのご主人、伸司さんの個展が開かれました。
ご主人の故郷の山形の山とラフランスが良かったです。

Dsc_6544
鳩山総理が若き日に過ごした
鳩山会館は
ちょっとしたブームでとても賑わっていました。
鳩山一郎氏がこの椅子でいろいろ相談したようです。

この後、新築された山種美術館で開催されている
速水御舟の展覧会を見に行きました。
40歳で亡くなった御舟の
精緻で繊細な作品に触れてきました。

Dsc_6573
その後、渋谷駅の岡本太郎の大壁画「明日の神話」を
見に行きました。
題名も作者も紹介されていなかったのが
残念でした。

Dsc_6575
ギンブラをしました。
洋大40周年の会場の下見をしてきました。
会場からこの和光堂が見下ろせます。
台風一過で爽やかな銀座でした。

Dsc_6579
鳥取県のアンテナショップで
夕食会、
地ビール、蜆のパスタが美味でした。
滝川さんお疲れ様でした。
野口さん、案内をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

台風の落し物

台風18号は、当地より西方を通過したので
想像していたよりも雨も風も
少なかったです。

庭に出ると柿の実が2つ落ちていました。
ひびが入っていたので、
二つに割ってみました。
中が砂糖で黒くなっていました。
早速、包丁でむいて食べてみました。
渋みは無く、甘かったです。
台風が、柿が熟したことを
教えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

上村さんの出演

NHKハイビジョン8:15~の
迷宮美術館を見ました。

ローマの町を作った「ベルニーニ」がテーマでした。
彫刻家であり、建築家であったベルニーニの
成功と挫折、そして偉業が
クイズ形式で紹介されました。
上原さんは
二人目の解説者として登場。
ベルニーニは、絵画と彫刻と建築に優れていた
総合芸術家であると評していました。

カトリックの総本山バチカンの
サンピエトロ広場を設計したのも
ベルニーニ。

広場の中央近くにある2地点が最後の問題。
答えは
その場所に行くと
4列の柱が重なって1本になり、
広場の外が見えるというもの。

40年前、サンピエトロ広場に行きましたが
そんな場所があることは
全く知りませんでした。
そして広場の設計者ベルニーニも。

いい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

久しぶりに

二人で The常盤http://www.geocities.jp/thetokiwa_hp/
暖簾をくぐりました。
最近、二人でダイエットを始めたので
食べ過ぎないようにしようと言いながら。

いつも元気なマスターと
いつも笑顔の奥さん。
お酒の店なのに今夜は焼酎を注文。
与論島の焼酎、良かった。

常連のお客さんとの会話。
鹿児島以外は全部行っているとのこと。
岩手のホヤの食べ方、
松山城のふもとの飲み屋で見た美人女将の着物姿の裏話、
人間国宝や熊本城の話・・・
面白かった。

マスターから
上村清雄氏(常連さん)出演のNHKの「迷宮美術館」の
案内がありました。
明日、NHKハイビジョン8:15~で再放映。

この店で味わえる会話の楽しさを
今夜も十分堪能できました。

マスター、奥さんにナマステ(感謝)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

雑記帳の再開

しばらく、休んでいました。
今日から、少しずつ書いていきます。

再開の理由
9月赤城の小沼に行った時
偶然出会ったのですが
その方のHPが凄いのです。

オープン日記なのです。
大学の教授で
建築を学生に指導しています。
沢山のユニークな建物を
建て、今も建設中。
著書も沢山あります。
家の近くの農園で野菜作りも
しています。

忙しいにもかかわらず
克明に記述されています。
ですから、
私たちがお会いしたことも
書かれました。
その部分を
コピーしてみました。

9月19日(土)の中です。

「忠治の宿を去り、赤城山上の小沼大沼で休む。
バードウォッチングの教職退職夫妻に会う。
今冬、ネパールへ行くという。うらやましい。

赤城山を降りて、十二時半前橋で昭道和尚が急にラーメン、ラーメンと叫び出し、
T氏もブラジルにうまいラーメンなしと叫ぶので、
場当りに 290 円ラーメン、創業昭和 29 年という国道沿いの店に飛び込む。」

この日記は
「世田谷村日記」といい、
石山修武さんが克明に書いています。
日に10000回のアクセスがあるそうです。

皆さん一度、
訪問してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

ピナ・バウシュの作品が

10月3日の夜、11:00~
NHKハイビジョンで追悼放映されました。
「オルフェウスとエウリディケ」という作品でした。
偶然見たのですが、釘付けになりました。

ピナ・バウシュの舞踏団に
Sさん(妹の義姉・バレエ教室主催)の娘が所属しているので
以前、埼玉での公演を見に行ったことがありました。
その時は、
よく分からなかったのですが、
今回は、字幕もあったのでストーリーが分かりました。
ダンサーもパリオペラ座の専属ダンサーでしたので
それは見事でした。

ピナ・バウシュは
6月30日、亡くなりました。
同日、奇しくも母も亡くなりました。
何と言うことでしょう。

車椅子の母は、6月29日の夕方
いつものように夕食を済ませ、
その夜、高崎文化会館で開催されるバレエを
見に行くための準備をしていました。
ところが、突然意識を失い、救急車で入院しましたが、
4時間後、息を引き取りました。

そのバレエは、
Sさんの教室の生徒の「紙ひこうき」という作品で
昨年の11月に
ピナ・バウシュ国際ダンスフェスティバルに
発表したものでした。
評判がよく、7月にドイツで行われる
ダンスフェスティバルに参加するのに
先立っての公演でした。
そんな事情で
残念ながら、高校生や中学生の舞台を
私たちは見ることができませんでした。

ピナ・バウシュの命日を
忘れることは無いでしょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

西篭ノ登山

足慣らしにどこがいいか迷ったのですが、
けいこさんの好きな
高峰・池の平方面に行くことにしました。

霧が深く、10メートル先が見えない山道を
車で行きました。
高峰温泉まで行くと
霧が無く、周りが見えてきました。

東篭ノ登山から西篭ノ登山に登りました。
西篭ノ登の頂上でお昼。
食べていると
前のカラマツに鳥
Dsc_6468
カヤクグリでした。

降りてから余裕があったので
池の平へ行ってみました。
草紅葉で
花は咲いていませんでした。

鳥もいませんでした。
帰ろうとすると
いました。いました。
Dsc_65121
ノビタキです。
日向ぼっこをしているように見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »