« こがもの赤ちゃん騒動 | トップページ | ミヤマハンミョウ »

2010年6月13日 (日)

イソガイ先生 (その2)

5月17日に「イソガイ先生」のことを
書きました。
私の問い合わせの手紙に対する
Oさんから返事が2・3日前に届きました。

大島渚氏が書かれた「イソガイ先生」は
Oさんが薫陶を受けた磯谷威先生とありました。
ということは、
私のレポートに対して
筆字で「音楽は形而上学である・・・」という丁寧な手紙を書いて下さった
磯谷先生その人だったのです。

Oさんは、高校の音楽教育に携わりながら
合唱団の指導と声楽の研修をされました。
お返事の中に指導している合唱団のコンサートの
案内が入っていました。
そのコンサートが今日、
富岡の「かぶら文化ホール」でありました。

Oさんの指導されている
3つの合唱団の演奏がありました。
子どもも大人も
伸び伸びと歌っていました。
美しいハーモニーでした。
指揮をされているOさんの後姿の中に
磯谷先生がいるように感じられました。

|

« こがもの赤ちゃん騒動 | トップページ | ミヤマハンミョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/48626576

この記事へのトラックバック一覧です: イソガイ先生 (その2):

« こがもの赤ちゃん騒動 | トップページ | ミヤマハンミョウ »