« サギのコロニーが・・・ | トップページ | カッコウの飛翔 »

2010年6月30日 (水)

母の命日

ちょうど1年前の6月29日の朝、
車椅子の母はノートにこんな歌を書いていた。

「紫陽花も 茄子も紫 濃さ違う
  亡夫に供える 息子なりけり」

母はこの歌が、辞世の歌になるなんて
想像もしていなかっただろう。
その日の夕方、親戚のバレースタヂオの発表会を
見に行く準備をしている時、
車椅子の中で突然意識不明になり、
救急車で入院。
30日の未明、帰らぬ人となった。

車椅子の生活を数年間送って、さぞ大変であったろうが、
最後は早かった。
苦しむことも泣くこともなく
旅立って行った。
後6日で86歳になる日であった。

今日は紫陽花だけを母に供えよう。
茄子はまだ実っていないから。

|

« サギのコロニーが・・・ | トップページ | カッコウの飛翔 »

コメント

そうでしたか。
私の母も、妻が昼食を食べさせようと寝室へ行ったら、既に息を引き取っていたそうです。
眠るように旅立っていきました。

お母様に合掌。

投稿: 迷道院高崎 | 2010年6月30日 (水) 19:57

<眠るように旅立っていきました。
自宅で、穏やかに最後を迎えられたのですね。
なかなか自宅で最後を迎えることは
今の世の中では難しいことです。
良かったですね。

井上ひさしさんも自宅で
意識は朦朧としていたようですが
最後を迎えられたようです。
素晴らしい最後でした。

           合掌


投稿: いちじん | 2010年7月 1日 (木) 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/48755857

この記事へのトラックバック一覧です: 母の命日:

« サギのコロニーが・・・ | トップページ | カッコウの飛翔 »