« 一周忌 その1 | トップページ | アゲハの最後 »

2010年6月20日 (日)

天狗山

春先に登った天狗山に行ってきた。
榛名神社の駐車場に車を置いて、
けいこおむすびを食べた。
「あれ、ノウサギみたい」とけいこさん。
私は見逃してしまった。
雨の心配があったので、
雨合羽と傘をリュックに入れて
7:00少し前出発。
Dsc_0068
コルに出てなだらかな道をしばらく行くと
「アオーアオー」の声。
一瞬耳を疑った。
「アオバトよ」とけいこさん。
久しぶりに聞くアオバトの鳴き声。
2~3回で聞こえなくなってしまった。
移動中であったのだろう。
姿は見られなかった。
葉が生い茂っているので
姿はなかなか見られない季節。
その後、コルリとツツドリの声を聞くことができた。
天狗山頂上は霧の中、
岩場に咲く可愛い花と
Dsc_0033

Dsc_0008
動物の糞に来たヤマキマダラヒカゲが
見られただけであった。
Dsc_0023
薄暗い岩陰に
クロヒカゲがいた。
(前羽、裏の蛇の目が2つなので、クロヒカゲモドキでは無いと断定)
Dsc_0064
登り口に降りてきた時
ウスバシロチョウが羽を休めていた。
Dsc_0078
こんなゾウムシもいた。
Dsc_0088
山行中、チョウとムシには出会えたが
人とは出会わなかった。

|

« 一周忌 その1 | トップページ | アゲハの最後 »

コメント

人と出会わなかったとは、なによりでした。
「コル」という言葉がすっと出るとは、相当お山に登られましたな?
鳥や虫や草花の見分けが出来ると、楽しいでしょうねー。
一度、例の「高崎を愛する会」の面々に、観音山の野鳥の森でもご案内頂けませんか?
本当は、葉の落ちる冬がいいのでしょうが・・・。

投稿: 迷道院高崎 | 2010年6月21日 (月) 19:19

先日、観音山の野鳥の森を
ちょっと歩いてきましたが、
この時期、青葉が生い茂り
鳥の姿は見ることはまれです。
鳴き声で推測するしかありません。
まだまだ鳴き声だけで鳥当てはできません。
妻に頼りっきりです。
鳥見は
秋の渡りの時期が良いと思います。

投稿: いちじん | 2010年6月22日 (火) 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/48683701

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山:

« 一周忌 その1 | トップページ | アゲハの最後 »