« カルガモの親子 | トップページ | イソガイ先生 (その2) »

2010年6月12日 (土)

こがもの赤ちゃん騒動

木立のところで待っていると
コガモを見ていて遅くなった
けいこさんがやって来た。
Dsc_0151
幹に止まっているサトキマダラヒカゲを
撮りながら
Dsc_0140
「コガモの赤ちゃんがいるわ。
探して。」と言う。
カルガモの子連れはいたけれど
コガモの赤ちゃんなんているわけないと
思いながら
けいこさんが見ていたコガモの
所に戻って行った。
この時期、コガモがいるのが珍しいのに
赤ちゃんなんて特ダネだ。
双眼鏡でコガモを観察。
コガモの周りにはいない。
近くの岸辺にコガモの赤ちゃんが
いるのかと丁寧に探す。
草むらの中、水際、どこを見ても
それらしき赤ちゃんはいない。
Dsc_0148_3   
5分ほどしてけいこさんの所に戻る。
「いくら探しても、コガモの赤ちゃん
いないよ。どこで見たの?」
「この近くで、カルガモが子ガモを連れて
いたんだけど」
Dsc_0255

コガモの赤ちゃんではなく、
カルガモの赤ちゃんでした。

この日。

カルガモの子連れを3組観察できました。
1組目 3羽、
2組目 数羽(コガモ騒動で数える前に見あたらなくなる。)
3組目 2羽

コガモのオスを3羽観察しました。
メスは見ませんでした。

|

« カルガモの親子 | トップページ | イソガイ先生 (その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/48615915

この記事へのトラックバック一覧です: こがもの赤ちゃん騒動:

« カルガモの親子 | トップページ | イソガイ先生 (その2) »