« 鳥の羽 | トップページ | オシドリのその後 »

2010年7月15日 (木)

ウラギンシジミが・・・

梅雨の合い間の晴間に
キラキラと羽ばたくチョウ。
白っぽい銀色、
ウラギンシジミだ。
Dsc_0002
庭で見るのはしばらく振り、
いや初見かな。
羽を広げると赤茶色(オス)なのだが
残念ながら広ろげなかった。

それにしても
止まった所は
愛犬プーシキンの○○の上。
失礼しました。

|

« 鳥の羽 | トップページ | オシドリのその後 »

コメント

羽だけで鳥の名前が分かったり、
パッと見て帳の名前が分かったり、
すごいなー。

犬の名前までロシア文学者の名前とは。
ロシア文学は、登場人物の名前が覚えられなくて・・・。

投稿: 迷道院高崎 | 2010年7月15日 (木) 19:05

何事も少しずつ
確定域を広げていけば
いつの間にか予想以上の世界に入り込むものですね。
迷道院さんの高崎の歴史・街創り情報こそ
凄いですよ。

犬の名前は息子が
付けたのです。
ロシア文学はお恥ずかしい限りです。

投稿: いちじん | 2010年7月16日 (金) 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/48882839

この記事へのトラックバック一覧です: ウラギンシジミが・・・:

« 鳥の羽 | トップページ | オシドリのその後 »