« 黒斑山登山 | トップページ | オシドリのエクリプスとコガモ »

2010年7月 5日 (月)

カッコウはどうして鳴くの?

朝の散歩の帰り、
小学校の校舎屋上の水道タンクの梯子に大きな鳥、
近くにカラスが飛んで来て止まった。
カラスより小さい、となるとカラスではない。
カッコウか?それともチョウゲンボウか?

カメラで撮って拡大して見たら、
腹部が縞模様、カッコウだった。
Dsc_03061

カッコウは、よく鳴く。
それも大きな声で。
托卵は、もう終わっている。
雛がそろそろ若鳥になる頃だ。
カッコウの親は托卵すれば
することが無いはず、にもかかわらず
ここにいて鳴き続けるとは
いかなる理由か?

私の仮説
カッコウは、若鳥になったカッコウに
「お前の親はここに居るから、
巣立ちしたら、ここにやって来いよ。」と
呼びかけているのではないか。
だから、大きな声で鳴いているのだ。

カッコウの子も、あの声を聞くと
その声に近付こうというDNAが
働き出すのではないかと思う。

托卵する鳥、カッコウ、ホトトギス、ジュウイチ、ツツドリは
みんな大きな声ではっきりと鳴く。
今まで、何の気もなく聞いていたが
里親から、自分の子を取り戻すための
叫びであったと思うと
複雑な心境になる。

|

« 黒斑山登山 | トップページ | オシドリのエクリプスとコガモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/48811774

この記事へのトラックバック一覧です: カッコウはどうして鳴くの?:

« 黒斑山登山 | トップページ | オシドリのエクリプスとコガモ »