« 盆迎え | トップページ | 送り盆 »

2010年8月14日 (土)

新盆

私より10歳年上の従兄弟のMがこの春逝った。
新盆だ。
義弟の新車で上尾まで
新盆見舞いに行った。

小学校の低学年の頃
Mからは、地面に書いた球場と小石と小さな棒でやる
野球ゲームを教えてもらった。

Mは大学受験の1浪の夏、
蔵に入って受験勉強をしていた。
私は勉強を見てもらった。
そして、俳句の作り方を教えてもらった。
『松の木に 松毛虫いて 嫌だなあ』
この句だけは覚えている。
自然主義そのもの時代の作品。
私は8歳だった。

私が21歳の夏、
ヨーロッパ縦断の旅をした。
そのときのMへの土産は
シャモニーのケーブルで登った山頂の
小石だった。
その石を40年もずっと持っててくれた。

私の大学入学祝いにMは
青い表紙の啄木詩集をくれた。
大学3年の冬、
その本をポケットに入れて
函館を歩いたこともあった。
『函館の青柳町こそかなしけれ
 友の恋歌 矢ぐるまの花』

最後に私に言った言葉は
「おう、ショウキ様みたいな髭が来た」
だった。
鍾馗は「疫鬼を退け魔を除く神」だが
私の髭では癌と言う病魔を
退治することはできなかった。

Mは野球が好きだった。
定年後は地区の中学校の野球部を
病気で倒れるまで
指導していた。
弔辞は元野球部員の父親だった。

71歳は若すぎる。


|

« 盆迎え | トップページ | 送り盆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/49159071

この記事へのトラックバック一覧です: 新盆:

« 盆迎え | トップページ | 送り盆 »