« 「空っ風の吹く前に」の練習 第4回目 | トップページ | 保養施設の利用助成券 »

2010年9月23日 (木)

方向音痴

従兄弟の初彼岸に
上尾に行って来た。
従兄弟と妹の3人を乗せて
わたしが運転をして行った。

ナビが無いが
お盆に義弟に乗せてもらって
行っていたので
行きは難なく行けた。

帰りが大変であった。
圏央道の川島に向かった。
圏央道への案内が無いので
T字路で
右に曲がるところを勘違いして
左に曲がってしまった。
隣に乗っていた従兄弟が
反対に来たと言っても
従わず大分西に行ってしまった。

鶴ヶ島の文字が見えたので
鶴ヶ島インターから入ろうと
そちらに向かった。

途中、コンビニでクロネコの
運転手に道を聞いた。
「若葉の駅を越えて、
しばらく行くと鶴ヶ島インターに入る道があるから
そこを左に」と教えられた。

しかし、若葉の駅に行く前に
圏央道があり、そこに入り口が在るかと
うろうろ。
圏央道の直下で訪ねた女性が
坂戸インターを教えてくれた。
圏央道の側道をまた東へ。

坂戸インターに近づき入り口が見えるのに
今度はその入り口に入る道が分からない。
標識がない。
そこでまたあっちへ、こっちへ
行ったり来たり。
インターから出てくる車をしばらく追って
やっとのことで坂戸インターに
入る道が分かった。
田んぼの中だった。

40分は余分に掛かってしまった。

帰ってから地図を見た。
最初のT字路を右に曲がっていたら
2キロくらいで川島インターに
入れたのだ。

あのT字路に標識があったら・・・

|

« 「空っ風の吹く前に」の練習 第4回目 | トップページ | 保養施設の利用助成券 »

コメント

従兄弟のマサオさんはいつもHPを見ていてくれました。
たまに会うと、
「ケニアに行ったんだって・・・」
など、まだ報告をしていないことを話題にしてくれました。
そして更新するのを楽しみにしていてくれました。

今日、大雪山の赤岳をアップ。
どこかでマサオさんに見てもらっているような気がしました。

投稿: けいこ | 2010年9月23日 (木) 22:59

マーチャンは兄のような
存在だった。
マーチャンが亡くなった時、
ネットで検索したら、
マーチャンの中学時代の
友人のHPの中に
マーチャンの写真が沢山載っていた。
マーチャンが提供したものだった。
わたしの知らない
元気なマーチャンがいた。

今もまだ、そのままHPの中に
マーチャンはいるのでは・・・

投稿: いちじん | 2010年9月24日 (金) 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/49538345

この記事へのトラックバック一覧です: 方向音痴:

« 「空っ風の吹く前に」の練習 第4回目 | トップページ | 保養施設の利用助成券 »