« 弦の長さ その3 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第6回目 »

2010年10月 6日 (水)

新聞記者から

10月6日の夕方
携帯に電話が入っていた。
誰だか分からないのでそこへ
掛けてみた。
ある新聞社の記者だった。

五万石騒動140周年の集いの
事後報告をしてもらったが、
その中に
義民記念館のことが書かれた文書があったが
そのことについて訊きたくて
電話したとのこと。

具体的にはなっていないが
夢を今回入れさせてもらった。
研究会としては協力と言うことで
賛成してもらっている。
今後の成り行きで
組織はできていくと思う。

記者からは
歴史が好きなので
今回の集いに興味を持った。
義民記念館なら展示するものが
なければ人を集められない。
その点はどうかと訊かれた。
幾つか心当たりはあるが
具体的にはなっていないと応えた。

今後、具体的になってきたら
記事にしたいとのことだった。

私の夢に関心を持って、
反応してくれた最初の人は
新聞記者だった。

|

« 弦の長さ その3 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第6回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/49679556

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞記者から:

« 弦の長さ その3 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第6回目 »