« 旧靴は窮屈  その2 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第7回目 »

2010年10月12日 (火)

左足が窮屈な訳

新しい靴も左足の小指の付け根が
当たり、痛い。
そこで、今、型に入れて拡張している。

左足がどうして当たるのか
よく考えてみた。

右足より、左足の方が少し幅が広いのだ。
どうしてか?

わたしは中学1年から
バスケットボールをやりだした。
利き足が左で
いつも左足で踏み切って
シュートをしていた。
左足はそれで右足より
幅が広くなっていたのだ。

その広い部分が靴に当たるのだ。

今回初めてそのことに
気付いた。
靴を買う前に分かっていれば
もう少し対策が早く立てられただろう。

左足が広がらない方法が
あればいいんだが・・・

|

« 旧靴は窮屈  その2 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第7回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/49722545

この記事へのトラックバック一覧です: 左足が窮屈な訳:

« 旧靴は窮屈  その2 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第7回目 »