« シニア劇団がブーム | トップページ | 高崎五万石騒動かるた »

2010年11月12日 (金)

切り絵教室 第2回

今日は関口コオ先生から
受講生一同が色紙を頂いた。
初々しい少女の墨絵だ。
わたしのは髪を上げた少女、
けいこさんのは長い髪を
垂れた少女。
わが家の宝物だ。

今日は机上の静物のデッサンから
始まった。
わたしは、大根とチンゲンサイと柿を
描いた。
Dsc_0010

初めに黄金分割を教わった。
半分の半分の半分
8等分の線を
縦横に描き、
5:3に分かれる線の交点に
描くものを置くと
安定するのだそうだ。

中学校時代に習ったのだが
記憶から消えていた。

大まかに大きさと位置を決めて
描き、
少しずつ確かな線にしていく。
その時、前に描いた線は
消さないで置く。
その方が良いそうだ。

影を良く見て入れる。
薄目にすると影が分かり易い。

立体的にするには
線に強弱を入れる。

先生はデッサンをしっかり描くことを
大切にしている。
それには、対象をよく見ることと
強調された。
Dsc_0011

デッサンが終わると
トレーシングペーパーを
載せて下絵をなぞる。
デッサンは4Bだが、なぞりはH。

デッサンの線から
2~3ミリ離して線を2本引く。

大根の葉のところは複雑で
線が入り交じってしまい
なぞるのが難しかった。
Dsc_0016

あっと言う間に
12時になってしまった。
後2回しかないので
カッティングは宿題にしてもらった。
そうすれば、
次回、色紙選びと色紙貼りが
余裕を持ってゆっくりできるとのこと。

|

« シニア劇団がブーム | トップページ | 高崎五万石騒動かるた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50010159

この記事へのトラックバック一覧です: 切り絵教室 第2回:

« シニア劇団がブーム | トップページ | 高崎五万石騒動かるた »