« 「空っ風の吹く前に」の練習 第12回目 | トップページ | 切り絵教室 第3回 »

2010年11月18日 (木)

関口コオきり絵美術館

先週の切り絵教室で
関口先生から直接
「関口コオきり絵美術館」のパンフレットの案内を
頂いた。

今日買い物の後、
16時頃
けいこさんに促されて
行くことに。 

美術館は今年
箕郷町に開館した。
箕郷支所の手前、
左側にあった。
真新しかったが
焼肉屋を改修したそうだ。
駐車場が思っていたより狭かった。

展示場が2カ所、
喫茶もできる売店、
ほかの棟で切り絵教室もできる。

先生はその教室で指導中であった。
先客が一人だったので
ゆっくり作品を鑑賞することができた。

しばらくして
館の方(受講している切り絵教室の助手)が
先生をお呼びしてくれた。
先生は先客に
説明をされた。

わたし達はその方の後
先生から
いろいろ伺うことができた。
沼田の美術館を閉じたこと。
初めて認められた作品のこと。
切り絵の技法のこと。
(色の異なる紙を5枚重ね
剥がれる糊で貼り
切ってから剥がす方法等)
若い頃の作品のこと。

デッサンがしっかりしている。
構図が大胆。
色が鮮やか。
切り方がシャープ。

切り絵に見えないような
切り絵を目指してきたとのお話し。

お茶を頂き
来年のカレンダーと
切り絵の本を
買って、
「明日は御指導、よろしくお願いします」と言って
館を出た。
もう既に日は落ちて
外は真っ暗だった。

|

« 「空っ風の吹く前に」の練習 第12回目 | トップページ | 切り絵教室 第3回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50069431

この記事へのトラックバック一覧です: 関口コオきり絵美術館:

« 「空っ風の吹く前に」の練習 第12回目 | トップページ | 切り絵教室 第3回 »