« 帰高 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第10回目 »

2010年11月 2日 (火)

人との出会い

明日カトマンズから帰国するという朝のこと。
けいこさんが
「早く行けば、人に会うチャンスが
多いから、早く行きましょう」と言う。

ホテルの朝食は
1階の食堂でバイキングだった。
もう3日目で何処に何があるか
分かっていた。

昨日から、チベットからの婦人団体客が
来て賑やかだった。
いつも使っていたテーブルが
彼女らで塞がっていた。

空いてるテーブルを
探した。
4人がけのテーブルが空いていた。
そこにカメラを置いて
パンを取りに行った。
テーブルに戻ってくると
そこには昨日
一人で食事をしていた老人が
パンを食べ始めていた。
相席になった。
わたしはネパール人かと思っていたので
「ナマステ」と挨拶した。
すると「おはようございます」と
応える。
「日本語がお上手ですね。
どこで、覚えたのですか?」と
言うと、
「わたし、日本人です」
「失礼しました」

聴くところによると
今回はトロンパスの峠を
登ってきたとのこと。
5416メートルだ。
今までにネパールの山を幾つも登っていた。
それ以前は
ヨーロッパの山も
登っていたという。
マッターホーンもアイガーも
モンブランもヨセミテも・・・
ヨーロッパの山を
登ってしまったのでネパールに来たという。

凄い岳人だった。

食事の時は入れ歯を外しているため
老けて見える。
けいこさんが
「失礼ですが、お年は
お幾つですか?」と尋ねた。
「78歳です。一人が一番気が合うので
一人で登っています」と言う。
年金を半年積み立てて
その金で年に2回
ネパールに来ているとのこと。

「80歳でエベレストの登頂記録を作った
三浦さんを越えて下さい」と言うと
にこにこしていた。

もしかしたら、この人
三浦さんの記録を書き変えるかもしれない。

隣のテーブルで
一人で食事をしていた婦人は
日本人と分かっていた。
食事を終えたので
「今回は山ですか、寺ですか」と声を掛けた。

「一人で山歩きをしています。
今回は、エベレストの東の
世界で3番目のカンチェンジュンガを
見に行きます」という。
「こちらも一人でトレッキングされている方なので
話が合いそうですから
こちらにお掛けください」と言うと
わたし達のテーブルに入ってきた。

やはり十数回ネパールに来ているとのこと。
話していると
老人と婦人の旅行社が
同じであった。
二人はその旅行社が
山情報に長けているので
是非活用して下さいと勧めてくれた。

田部井さんが今ネパールに
来ていること。
岩登りや冬山登山の練習をしていること。
今年ダウラギリで雪崩で亡くなった方の
奥さんが気丈夫だったとのこと。
・・・
山の話に花が咲いた。

一人旅を愛でる人同士を
同じテーブルで
話をする機会を作れて
嬉しかった。

こんな機会も
早く食事に行こうと
けいこさんが促してくれなかったら
できなかったことである。

|

« 帰高 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第10回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/49910875

この記事へのトラックバック一覧です: 人との出会い:

« 帰高 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第10回目 »