« バードハウス | トップページ | 高崎市中央公民館 »

2011年1月15日 (土)

今日は行事が目白押し

午前中は、
高崎五万石騒動研究会の1月例会
 カルタの販売について
 カルタ会の促進について

午後は、
群馬の森リニューアル・ワークショップ(第1回) 14:00~
 野鳥に住み良い環境という視点から参加

    第2回 2月11日 14:00~
    第3回 3月 5日 14:00~

夜は、
群馬交響楽団第469回定期演奏会

 ラヴェル/ スペイン狂詩曲
 サン=サーンス/ ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 作品61
 フランク/ 交響曲 ニ短調

どんな1日になるかな。

9:40、城趾公民館へ行った。
誰もいない。
駐車場はポールが立って閉鎖。
そう言う時に携帯を家に
置いて来てしまう。
家に戻り、Oさんに電話した。
「来週ですよ」





午後、群馬の森へ
歴史博物館の一室
県の高崎土木事務所が主催
参加者は十数人だった。
3班に分かれて、
わたしは第2班だった。

挨拶
趣旨説明
ワークショップの進め方
群馬の森の概要
群馬の森の歴史的価値について
(教育委員会の担当)

協議に入る。
班毎に進めた。
第2班は4人が一般参加者で
後の4人が関係者だった。

自己紹介
現状の森を守りたいという意見の持ち主が
わたしを含めて3人いた。
こらからの在り方を
出し合ってカードに書き込んだ。

わたしは
1 野鳥が食べられる木を植える。
2 空中回廊を作って高いところから森を眺める。
3 芝生以外の草原を作る。
4 井野川の水を生かした親水公園を作る。
5 大木の管理をするスタッフを置く。
6 森の奧に、安全を確保するものを用意する。
  (ビデオ、電話等)
などの意見を出した。

全員から出たカードを貼り付けて整理し
5つの要望にまとめた。

わたしの班は
1 案内板やマップを作り、歴史や鳥や木の名前を知らせる。
2 空中回廊から森を鳥の目線で森を見られるようにする。
3 コンサートができるように施設スタッフを充実させる。
4 森の中に喫茶室や休憩室を設置する。
5 ボランティアの充実をはかる。

我が班の一番若い参加者が発表した。

他の班からも
いろいろな意見が出た。
それぞれの班から出た意見を
まとめて次回に
報告するとのこと。

終了は16:00の予定だったが
延びて16:30だった。




夜は
群馬交響楽団の演奏会。
目玉は
若干17歳のヴァイオリニスト
三浦文彰だった。
サン=サーンスの
ヴァイオリン協奏曲第3番を
演奏。
何度も拍手に応じて
楽屋から出てきた。
桐朋学園の高等部から
ウィーンの私立音楽大学へ行って
研鑽中とのこと。

こらから世界に
飛び出す逸材だ。

指揮の下野竜也は小柄だが
全身で棒を振っていた。
読売日本交響楽団の
正指揮者でこれから
活躍が期待されているとのこと。





帰りに
「俺のそば」に寄って
『空っ風の吹く前に』のポスターを
お願いしてきた。
マスターは店を閉じて
洗いものをしていたが 
快く受け取って
「今夜中に貼りますよ」と言う。
有り難い。



|

« バードハウス | トップページ | 高崎市中央公民館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50588515

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は行事が目白押し:

« バードハウス | トップページ | 高崎市中央公民館 »