« 初舞台 打ち上げ | トップページ | 記録 »

2011年2月27日 (日)

初舞台 2次会

男4人で二次会に行った。

Uさんの知っている群馬町の
KBというスナックだった。
Uさんはこの店にしばらくぶりのようだった。
客はなく
わたし達の貸し切りだった。

ママに今日は「空っ風の吹く前に」の
打ち上げをしてきたと言うと、
「わたしの従兄弟も
練習に参加していたけど途中で止めたと言ってたわ」
わたし
「その人、Kさんじゃない」
ママ
「どうして知っているの?」
わたし
「Kさんは、わたしの中学校の先輩だったんで
よく覚えているんだよ。
それに今日、Kさん
楽屋に挨拶に来てくれたんだよ」
ママ
「本当!
わたしも同じ中学校よ」
わたし
「え! じゃぁ、同窓じゃないか!」

わたしより1学年下だった。
最近同窓会をしたと言って記念写真を持ってきた。
その中に
バスケット部の後輩の顔があった。
思わず、
「これHだよ。
奇遇だね。
Uさんがこの店を
選ばなければ
この出会いは無かったんだものね」
と言った。

初めての店だったのに
急に親近感が湧いた。

4人でゆっくり飲み、
歌った。

初めにUさんが「卒業時代」を
元気に歌った。
Uさん卒業(定年退職)まで
あと1ヵ月だという。

Tさんは「夢芝居」。
初めて歌ったと言っていたが
「・・・・・・稽古不足を幕は待たない」
と言うところが切実に感じられ
とても初めて歌ったようには見えなかった。

Iさんは演歌をしみじみと歌った。
やはり上手かった。

わたしは谷村新司の
「陽はまた昇る」をしばらく振りに歌った。
「・・・あーあー 生きてるとは
燃えながら暮らすこと・・・」のところは
マイクを外して絶唱した。

そして語った。



家に帰ったのは24時に近かった。

|

« 初舞台 打ち上げ | トップページ | 記録 »

コメント

初舞台、おつかれさまでした
無事に幕が下りて、よかった
おめでとうございます
わたしも本番を間近に控え、
練習ばかりの週末で
今回、見に行けなくて本当に残念でした…
でもここまで一気に読み上げて、
なんだかいちじんさんの心の中に入って
初舞台を体験したような気持ちになりました
どきどきして、ぱーっと明るい舞台に立って、
そして全てを出し尽くして、無事に見送りに立っていました
3週間後のわたしも
そんな気持ちでいるのでしょうか
なんだかあらためてドキドキしてきました
練習も、貴重な日々ですね
同じメンバーで、同じものを作り上げることは一度きりで、もうないんだもの
とっても大切な、一日でしたね
おつかれさまでした
次はウィーンですね!

投稿: oko | 2011年3月 1日 (火) 00:18

コメントを
ありがとうございます。

「同じメンバーで、
同じものを作り上げることは
一度きりで、
もうないんだもの」
その通りです。
練習だって、その日の練習は
たった1回限りです。

本番までの
1日1日の練習を愛おしんで
取り組んで下さい。

ミュージカル
「森は生きている」の
成功をウィーンから
お祈りします。

投稿: いちじん | 2011年3月 1日 (火) 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50995732

この記事へのトラックバック一覧です: 初舞台 2次会:

« 初舞台 打ち上げ | トップページ | 記録 »