« 発掘されたタ・カ・ラ・モ・ノ  その2 | トップページ | 広報高崎 2011.2.1号  »

2011年2月 1日 (火)

弓道場での2つの話

昨年の秋
ネパールへ行って
アンナプルナの麓を
トレッキングした際、
右手の中指を負傷したため
ずっと
弓道を休んでいた。

まだ、痛みは少し残るが
腫れが引けたので
3ヶ月振りに
出かけた。

8射射って、1射当たった。

始まる前の話
A先生
「先日、歌物語『娘道成寺』を県民会館へ見に行っていませんでしたか?」
いちじん
「行きましたけど」
A先生
「やっぱり、そうでしたか。わたしも行っていたんです」
いちじん
「わたしたち、織田先生の歌を聴きに行ったんです」
A先生
「ピアノを弾いていた彼女、わたしの友達なんです」
いちじん
「あのプロジェクトを立ち上げた映さんと、お友達だったのですか!」

『娘道成寺』
http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2011/01/post-5f5e.html



中休みの話
Iさん
「♪お名前呼びます。
 ♪大きな声で
 ♪お返事してね。
 ♪○○さん」
いちじん
「わたしの作った歌、歌ってくれていたんだ」
Iさん
「長女が保育園で教わって、歌っていたんで、覚えたんですけど、
昨年まで子育て支援の仕事をしていましたが、この歌をよく歌っていました」
いちじん
「だから、よく知っているんだ」
Iさん
「この歌、長女が園長先生の奥さんに教わったと言ってました」
いちじん
「園長さんは、わたしと小学校と中学校が同じだったし、
その奥さんとわたしの妹、専門学校が同期だったんだ」
Iさん
「そうだったんですか」
いちじん
「妹、K保育園に勤めているんだよ」
Iさん
「友達の子がそこに行ってます」
いちじん
「嫁に行ったから、Sって言うんだ」
Iさん
「バレースタジオのSさんと関係が・・・」
いちじん
「バレースタジオのSさんは、妹の義理の姉にあたるんだ」
Iさん
「親子でよくSさんのバレースタジオの発表会を見に行ってるんですよ」
いちじん
「発表会でのアナウンス、妹が頼まれてやっているんだよ」
Iさん
「そうだったんですか」



『とびっきり素敵な話』
http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2011/01/post-a711.html#comments

|

« 発掘されたタ・カ・ラ・モ・ノ  その2 | トップページ | 広報高崎 2011.2.1号  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50753013

この記事へのトラックバック一覧です: 弓道場での2つの話:

« 発掘されたタ・カ・ラ・モ・ノ  その2 | トップページ | 広報高崎 2011.2.1号  »