« タカタイ 2月4日1面 | トップページ | 想い出の一句 »

2011年2月 5日 (土)

義人堂で慰霊

10:00前に集合して
清掃をした。
Dsc_0001_2
記念碑を拭き、水を打ち、
生花を飾り、線香立てを置き、
司会が進めた。


会長の開会の言葉

ご参加予定だった坊さんは
急遽、仕事が入り
不参加。

この場所を自主的に
清掃されている年配の女性の方に
今までの苦労を話してもらった。

次に隣接する墓地にお参りする際
いつも義人堂に
線香をあげている女性の方から
話を聞いた。

読経の代わりに
細野格城の「高崎五万石騒動」の
一節を朗読するように
指名があり、わたしが読むことになった。

突然であり、
万葉仮名のルビ、
句読点のない文章、
意味不明の漢字有りで
散々だった。

 明治3年2月4日
 この場所に
 佐藤三喜蔵と高井喜三郎は
 連れてこられ、
 言われもない罪を
 言い渡されて
 処刑された。

参加した十数人が
線香をあげ
犠牲者を
弔った。
Dsc_0016

Dsc_0023

Dsc_0021

この後、近くの会場へ行って
お清めをした。

|

« タカタイ 2月4日1面 | トップページ | 想い出の一句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50783815

この記事へのトラックバック一覧です: 義人堂で慰霊:

« タカタイ 2月4日1面 | トップページ | 想い出の一句 »