« 「空っ風の吹く前に」の練習 第26回目 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第28回目 »

2011年2月25日 (金)

「空っ風の吹く前に」の練習 第27回目

本番まであと2日

今日は演出が通し稽古をやる前に
「皆さん、セリフを全部忘れて
自分の役になりきって演じて下さい。
セリフはプロンプターがフォローしますから
セリフのことは考えないで
それぞれが他の人のセリフをよく聴いて
振る舞って下さい」
と言った。
「セリフを忘れろ!」
とは驚いた。

セリフを考える自分をなくさないと
その役に成りきれないということらしい。

2場
ボールが転がってくるのが遅かった。
そこでボールが来るのを待っていたら、
ボールが来るまで
二人は会話を続けていなければ
不自然と言われた。
コーヒーを飲む時
温かそうに飲むこと。

相手の名前を思い出した時
手を打った動作は良かったと
演出に初めて認められた。

5場
二人をテーブルに連れて行くのに
客席に尻を向けないようにすること。

7場
歌は誰が歌い出しをしているか
分からないように歌う方が良い。

今日は
被りもなく、真っ白もなく
演技ができた。


付記
ネットで見た
舞台で上がらないコツは
幾つもあったが
「練習、練習また練習」というのが
一番効果がありそうに
思われた。

スーパーバイザーのTさんから
休憩時に
演劇についての話を聴いた。
「Life Swap」の話は
難しかった。

Tさんが、
井上ひさし氏の家に演劇の上演を
お願いに行った時、
ひさし氏は隣室で
「頭痛、肩こり、樋口一葉」を
執筆中だったとのこと。

わたしは
「イーハトーボーの劇列車」を
前橋で上演した時
ひさし氏が記念講演したが
その時、
「今までの、賢治論と
違うところは何か?」と質問して
答えてもらったことが
あったと言った。

|

« 「空っ風の吹く前に」の練習 第26回目 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第28回目 »

コメント

いよいよ明日ですね。
練習の成果をいかんなく発揮し、良い舞台となりますようお祈り申し上げます。
心地よい緊張を楽しんでください!

投稿: 迷道院高崎 | 2011年2月26日 (土) 10:02

あたたかい声援を
ありがとうございます。

半年なんて
あっと言う間でしたね。
まだまだ
課題がたくさんあり
ドキドキしていますが、
あと15時間になりました。

只管やります。

投稿: いちじん | 2011年2月26日 (土) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50969215

この記事へのトラックバック一覧です: 「空っ風の吹く前に」の練習 第27回目:

« 「空っ風の吹く前に」の練習 第26回目 | トップページ | 「空っ風の吹く前に」の練習 第28回目 »