« 広報高崎 2011.2.1号  | トップページ | 嶺公園の鳥見 »

2011年2月 2日 (水)

「空っ風の吹く前に」の練習 第22回目

今日はメイクの練習をした。
女性は鏡に向かって
化粧をしているので
慣れていることだが
男性にとって化粧は
初体験。

まず、始めに顔を洗い
下地のクリームを塗る。
そして29番の肌色の白粉を
スポンジに着けて顔に塗る。

額や目尻の皺に沿って
眉墨を入れ、指でぼかす。

「鼻筋を白で強調すると
理知的になるんです」と
脚本のHさんが
言いながら鼻筋を
通してくれた。

唇を口紅で強調するのだが
わたしの口は
髭で隠れてしまうので
その必要はなかった。

初めてメイキャップをした。
客席から見て
表情が目立つように
するらしいが、
顔が脂ぎって気持ちが悪くて
早く拭き取りたかったが、
そのまま、
立ち稽古になった。



立ち稽古は
6場と3場をした。
わたしの出る場ではなかったので
二人の先生の
演技指導を眺めていた。

声が客席に届くように
しっかり発声するという指導と
セリフに表情を付ける指導だった。

指導する要求が
前回よりも
一段と高くなった。
その課題を果たすために
更に練習だ。



付記
チケットを10枚購入した。
トータルで30枚だ。
今までにどの位売れたか訊くと
300枚を越えたとの返事。
会場は600席だから
半分は売れたようだ。
どこまで、売れるだろうか?
完売を夢見て
もう少し頑張ろう。

|

« 広報高崎 2011.2.1号  | トップページ | 嶺公園の鳥見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/50758677

この記事へのトラックバック一覧です: 「空っ風の吹く前に」の練習 第22回目:

« 広報高崎 2011.2.1号  | トップページ | 嶺公園の鳥見 »