« 新聞記事のブログへの掲載 | トップページ | 通院 »

2011年3月 3日 (木)

ベジタリアン

公民館活動で
知り合いになったアメリカ人のNさんに
奥さん(日本人)と一緒に
遊びに来てもらった。

Nさんはベジタリアン。
昼食を何にするか
考えた。
たまご、バター、チーズまでは良いが、
魚、肉、は一切ダメなのだから・・・

けいこさん18番の
鮭の親子寿司は×

そこでいわゆる「混ぜご飯」にした。
ゴボウ、ニンジン、タケノコ、シイタケ、
油揚げ、コンニャク、を炒め
酢飯の中に入れてかき混ぜたもの。

ポテトサラダ。

ほうれん草の胡麻和え。

ブロッコリーとトマトとキュウリとタマネギ(スライス)のサラダ。

厚揚げのきのこソースあんかけ。

けいこさんが煮た花豆。

わたしの漬けた白菜。

わかめとネギの味噌汁。

二人は美味しいと言って
食べてくれた。

食後は桜餅と二人から頂いたイチゴ。

レパートリーが少ない上
更に肉、魚が使えなくなると
メニューは限られてしまう。
でも、日頃何も気にしていなかった
食材について考えさせてもらった。

Nさんは来春から
ベジタブル料理を
公民館で教えるとのこと。
二人で参加しようということになった。

英会話の指導については
現在、公民館で行われている
教室を見学してみてからと
いうことになった。

|

« 新聞記事のブログへの掲載 | トップページ | 通院 »

コメント

わたしも自宅ではベジタリアン(正確にはマクロビアン)です
完璧ではないし、「これはダメ、あれはダメ」って考えではないけど、とりいれて不自然でないものをありがたくいただく、という考えです
おつきあいやハレの日の食卓は「特別」な料理がならぶこともあります♪が肉や魚はまず使わないし、乳製品や卵もほとんど使いません
でもこどもは学校や保育園でふつうの給食を頂くし、まだまだ肉好きの夫のお弁当には動物性のものを入れることもあります
お米は玄米で、ダシは昆布と椎茸でとります
野菜はオーガニックで心のこもったのを取り寄せています
加えて、わたしは動物が大好きで
特にウサギを飼うようになってからは外食でも肉は受け付けなくなりました
完璧なマクロビアンの方からすると中途半端なのですが、それでも植物の力、天然のミネラルの力は日々感じています
心もすっきりしてくるのですよ
体もごらんの通り頑丈です(笑)
ご興味あったら、久司道夫さんの本の入門編を読んでみてください~
おすすめです♪

投稿: oko | 2011年3月 4日 (金) 09:07

ベジタリアンは
宮沢賢治の童話で
知りましたが、
マクロビアンという食生活法は
初めてです。
わが家に来たNさん
もしかしたら
その影響を受けているのかも
知れませんね。
マクロビアンを
始めたのは日本人で
アメリカで広まり
日本に逆輸入されたと
ありましたが
初めて知り、
驚きました。

投稿: いちじん | 2011年3月 4日 (金) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/51026700

この記事へのトラックバック一覧です: ベジタリアン:

« 新聞記事のブログへの掲載 | トップページ | 通院 »