« 大本営発表 | トップページ | ウィーンの旅 その3 »

2011年3月29日 (火)

原子力の平和利用

原子力の平和利用という
美名の元に
原発の開発を進めた。

科学技術庁ができた頃からだろう。

ものには光と影があるが
光ばかり見て
影を軽く見てしまった。

この道を
その頃の日本の政治家が
選択したのだ。
その政治家を
是認したのは
他でもない日本国民だ。

光が大きくなるほど
影も大きくなるのに、
それを無視して・・・

今の子どもたちは
この無責任な大人達の
犠牲者だ。

原子爆弾の
あの悲惨な体験を受けた日本人が
今度は
日本を原発事故の実験場にしてしまった。

自分たちが選択した道だ。
今度は他国の所為(せい)には
できない。

生物体系を狂わせ
地球を汚染してしてしまう
愚を
日本人は犯してしまった。


|

« 大本営発表 | トップページ | ウィーンの旅 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/51243141

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力の平和利用:

« 大本営発表 | トップページ | ウィーンの旅 その3 »