« ウィーンの旅 その4 | トップページ | 個展を見に立川へ »

2011年3月31日 (木)

ウィーンの旅 その5 墓参

3月19日
二人で中央墓地に行くことにした。

中央墓地は
ウィーンの中心地から南西の方向にあった。

地下鉄を降りて
トラム(路面電車)の停車場で
待っていた。
老夫婦が待っていたので
地球の歩き方を開いて
尋ねると頷いた。

地球の歩き方には
71番のトラムに乗るとあった。
ところが来たのは6番だった。

乗ろうとしたが
71番なので躊躇して乗らなかった。
ドアは閉まった。
先に乗った老夫婦が
大丈夫だと言っている。
そしてドアが開いた。
老夫婦が
中からドアを開けてくれた
ようだった。
そこで乗ることにした。

わたし達が乗ると
すぐに、トラムは動き出した。
71番でも大丈夫と
ドイツ語で言っていた。
2本の指を立て
墓地2の停留所で
降りれば近くだと言っているようだった。

二人に礼を言って
墓地2で降りた。

Dsc_0792
ベートーベンの墓
けいこさんは「エリーゼのために」を
弾いていることを報告していた。
わたしは第九の「喜びの歌」に
子供用の歌詞を付けて
卒業式に歌わせたことを思い出していた。

Dsc_0795
シューベルトの墓

Dsc_0798
モーツアルトの墓

Dsc_0806
3人の墓が並んでいた。
この右手に
ブラームスの墓があった。

冷たい北風が吹き付ける
二人だけの墓参だった。

|

« ウィーンの旅 その4 | トップページ | 個展を見に立川へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/51261528

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンの旅 その5 墓参:

« ウィーンの旅 その4 | トップページ | 個展を見に立川へ »