« 通院 | トップページ | 多胡碑は何を伝えようとしたのか »

2011年3月 5日 (土)

新雪の長七郎山

Dsc_0014
14時から会合があったので
それに間に合うように
早目に家を出た。

9時頃、小沼の駐車場に到着。
スノーシュウを履いて
小沼に出た。
風が強く、雲の流れが速かった。

Dsc_0021
1年振りにスノーシューを
履いて小沼の上を進む。
後ろは地蔵岳。

Dsc_0031
行く手に風紋。

Dsc_0051

誰も入っていない山道を
分け入る。
深いところは40~50センチは
あった。

Dsc_0061
頂上近くになると
視界が開けた。
浅間山、八ヶ岳が見える。
薄くだがはっきり富士山が見えた。

Dsc_0073

雪のゆるやかなシルエットに
暫し見とれる。
バックの地蔵岳が低く見える。

Dsc_0113
頂上で(左後方は浅間山)
反対方向から登ってきた
ご夫婦に会う。
何と隣町にお住まいという。
アイゼンを履いてのトレッキング姿を見て
けいこさん早速、
アイゼンについての
教えを伺う。
6本と12本のがあるそうだ。

Dsc_0126
頂上から降りると
直ぐに雪庇の道。

Dsc_0137
小枝に雪が凍てつき
輝いていた。

Dsc_0162

12:00前には小沼に戻った。
小沼を眺めて昼食。
けいこさんの
昆布と明太のおにぎりが
格別美味かった。

|

« 通院 | トップページ | 多胡碑は何を伝えようとしたのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/51038402

この記事へのトラックバック一覧です: 新雪の長七郎山:

« 通院 | トップページ | 多胡碑は何を伝えようとしたのか »