« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

コマツナの栽培

コマツナを蒔いたら
このところの雨で
一斉に芽を出した。

本葉が出てきたので
間引くことにした。

間引きが苦手なので
けいこさんにしてもらった。

種の袋の裏に
5センチ間隔にすると書いてある。
「沢山生えていて
取りにくいわね」
「筋蒔きにしたんだけど」
「筋蒔きになっていないわ」

そこで
隣に畝を作って言った。
「筋蒔きに
挑戦してみて・・・」
けいこさんが
仕方なく取り組んだ。

テレビの園芸教室で見た
やり方を真似ようと
紙を巻いていたが
忘れてしまったようだ。
結局、
指でつまんで慎重に
蒔いていた。

はたして
上手くコマツナの芽が
一筋に出るだろうか?

数日後が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

ぴったり

合唱団の男性のユニホームは
白のジャケット。

幾つかの紳士服店に
問い合わせたが
白のジャケットを
扱っているところがない。

デパートで
イージーオーダーを
注文すれば
できるが
時間がかかる。

6月7日の
市役所で歌う
ランチタイムコンサートには
間に合わない。

けいこさんが
名案。
以前、本合唱団にいた
Oさんのジャケット。
Oさんは、仕事の都合で
退団したが、
わたしの体型に
そっくりだったという。

さっそくけいこさんが
電話。
事情を話すと
貸してくれるとのこと。
7月9日の
でかんしょ合唱団の
第13回
ファミリーコンサートまで
借りられることになった。

今夜、
合唱練習のあと
Oさんのところに
ジャケットを借りに行った。
Oさんと初対面、
Oさんの身長は
180cmで
わたしの方が4cm低いが
お腹が
Oさんより
少し勝っていた。

着てみると
ぴったりだった。
袖丈もちょうど良い。
注文しても
これまでだ。

これで
ユニホームは
一件落着。
あとは
歌詞を覚えるだけだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

写真ができました

箕郷文化会館から
「『空っ風の吹く前に』の写真が
できましたから、取りに来てください」
と電話があった。

雨の中
しばらく振りで
箕郷文化会館へ向かった。

今日はカラオケ大会で
駐車場が一杯だった。

事務所で
Aさんから写真の入った袋を
手渡された。
この写真はEさんが
ボランティアで撮ってくれた。

練習から本番までの
スナップや記念写真を
一手に引き受けて
撮ってくれた。

撮影した日が
入っている。
プロが撮った写真のようだ。

写っている方も
プロのように・・・



Aさんに
ガーベラコンサートの
ポスターと
チラシ20枚を
お願いしたら
快く引き受けてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

チケットの販売に努めた日

高校時代の友人S君     3枚
   
元職場の親しい後輩Fさん  3枚

元職場の親しい先輩Sさん  2枚

大学時代の友人T君     5枚

高校時代の友人SA君    2枚

高校時代の友人K君     1枚 

今日はトータルで15枚買ってもらった。

年賀状が唯一の情報交換の
友人たちに
しばらく振りに会って
近況報告をした。

Fさんのお宅に伺い
先日、倉渕町の「小栗まつり」に
行ったことを何の気無しに
話題にしたら、
奥さんが
「あのマンドリンの演奏があったでしょう。
わたし、後ろの方で
弾いていたんです」
と言う。
「え!いたの?」

Fさんの奧さんが
群馬マンドリン楽団に所属しているなんて
知らなかったので
全く気が付かなかった。

あの日は
午後、けいこさんのピアノ発表会があり
演奏後
直ぐに、退席したのだった。

家に帰ってきて
「小栗まつり」の日に撮った
画像を見た。

マンドリンの演奏は
2枚撮してあった。
拡大してみたら
Fさんの奥さんの顔が半分写っていた。

本ブログの
5月22日の「小栗まつり」の画像
Dsc_0028

この画像を
プリントして送ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

ポスターとチラシの配布

高崎市役所の
防災課へ被災者の招待状を
持参した。

今のところ配布物がないので
直ぐには
できないが、
6月初め頃には
配布してくれるとのこと。

同じ頃
Aさんは
前橋市役所へ
招待状をお願いしに行っていた。
Aさんから
前橋市は
即日配布してくれるとの
連絡があった。

わたしはその後
チラシとポスターを
前橋へお願いに行った。

① 元気21の中にある中央公民館

  駐車場が不明で、スーパーの地下駐車場に
  入ったら、1000円以上お買いあげで
  2時間無料とある。
  けいこさんに電話して買う物を聞いた。
  前橋市内の公民館一覧表をもらう。
  永明公民館までの行き方を訊くと
  ネットの地図をプリントして
  丁寧に教えてくれた。

  受付のところに
  平成22年度全国優良公民館表彰の
  受賞記念の楯が
  こっちを向いていた。

  前橋市の中央公民館には
  各公民館(16館)のボックスはないので
  配布物等は直接各公民館へ
  届ける方式になっている。(今年から)

  高崎市はボックス方式で42館ある。
 

② FUさんのお店

  高校生のミュージカルのポスターの隣に
  貼らせてもらった。
  ご主人の入れてくれたコーヒーが
  格別おいしかった。

③ 群馬県民会館「ベイシア文化ホール」

  イベントのない日は
  閑散としている。

④ 桂萱公民館    

⑤ 永明公民館

  高崎の公民館に比べて
  建物が大きい、駐車場が広い
  職員も多い。  

6ヶ所回って帰ってきたら
12時を回っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

ジャズ喫茶「MOKUBA」

Sさんにチャリティーコンサートのチケットを
お願いするため
前橋のジャズ喫茶
「MOKUBA」に
行った。

先客が一人いたが
帰るところだったので
すぐに
わたしたち二人だけに
なった。

貸し切り。

レコードが棚に
沢山並んでいる。
久しぶりに見る
レコードプレイヤー。
久しぶりに聞く
大きなスピーカーからの
音。

コーヒーは
アメリカン。

マスターは
秋にアメリカから
呼ぶジャズプレイヤーの
演奏を
紹介してくれた。

スピーカーから出る音が
生々しい
CDとは違う。

そして
Sさんのリクエストに
応えて
A列車を
かけてくれた。
Sさんは懐かしそうに
聞いていた。





そうそう
ポスターと
チラシを渡して
チケットを
一枚でも多く
売って欲しいと
お願いしたことは
言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

赤城の荒山トレッキング

ニール先生ご夫妻と一緒に
荒山に行った。

わたしの車で
car pool = (通勤・買い物で)自動車の相乗り.
して行った。

I drove my car.

It was fain day.

登り始めに
ヤマツツジが咲いていた。
Dsc_0283

Dsc_0275

途中では
トウゴクミツバツツジが
咲いていた。
Dsc_0031
 

荒山高原では
ヤマツツジはつぼみだった。
Dsc_0036
二人に
ヤマツツジの
赤いトンネルを
くぐらせたかったが
体験させられなかった。

荒山の上の方に
ピンクの色が見えた。
もしかしたら
アカヤシオ!
(アカヤシオツツジ=アカギツツジ、ヤシュウツツジ、ヒトツバナ、ヤシオツツジ)
Dsc_0121

頂上近くまで行くと
アカヤシオが
まだ咲いていた。
Dsc_0124

淡いピンクの
花びらが
青空に揺れていた。
Dsc_0135


I like this fiower bery much.
Dsc_0183

お弁当は
頂上から少し降りた
ひさし岩で食べた。
Dsc_0241

ちょっと下ると
シャクナゲがひっそりと
咲いていた。
Dsc_0204
 
足元には
フデリンドウと
タチツボスミレの
協演
Dsc_0061

ニール先生は
体調が悪く、元気がなかった。
奥さんは身軽に動いていた。

わたし達は
後ろからゆっくり歩いた。

We walked at a slow pace.

ニール先生は

40 percent of usually power

だったそうだ。

We ate softcream at store.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

第4回実行委員会

10人が集まった。

最初に
チケットをお願いした。
現在、160枚預かってもらっているから
残りが90枚。
まだ預けていない方に
販売できそうな枚数を
言ってもらい、
合わせて60枚
お願いすることができた。
あと30枚になった。

次にSさんが
仕事内容を確認し、
役割分担を決めた。

Aさんが作成した
招待者への
案内状を検討した。

プログラムは
チラシとポスターとチケットを
作成した伊藤さんに
お願いした。
体裁はA4二つ折りになった。



KRさんとKSさんが
中之条生まれと分かり、
委員会終了後
二人は
KRさんの行きつけの喫茶店に
向かった。

今日は
KRさんのお兄さんの絵を
玄関に飾った。
それを見た
KTさん
「この画家の絵、
3枚持っていますよ」

KRさんとの
繋がりが
次々と明らかになり
それは
それは
驚いた。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

中之条デイ

午前中は
中之条出身のKさんの
絵画教室に
チケットとポスターを
お持ちした。

Kさんに
NHKの小さな旅の話をすると
お兄さんが
エコさんの家の近くで
藍染をやっているとのこと。



午後は
中之条町生まれで
現在
高山村在住の
大学の親友O君に
我家に来てもらって
チラシを渡した。

O君に
NHKの小さな旅の話をすると
見逃したけれど
中之条町の方から
メールで再放送の情報が
届いているので見るとのこと。


参考

22日のNHKの「小さな旅」は
中之条町の自然を愛する
3家族が紹介された。
エコさんは
2番目に出た。
いがりまさしさんの
「スミレの撮影のワークショップ」を
企画した方で
わたし達の
ネット仲間。
道端に寝転がって
スミレを撮っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

けいこさんの初めてのピアノ発表会

午前中は
倉渕村の「小栗まつり」に出かけていたので
前橋市民文化会館に
着いたのは13:00だった。

19番目の演奏が始まっていた。

会場に入ろうとすると
英会話のニール先生がいた。
自転車で来たそうだ。
「けいこさん、
いつやりますか?」
と言う。
プログラムの23番を指して
「もう、すぐです」
と答えた。
慌てていて
英語では答えられなかった。

ニール先生に、
今日の発表会のことを
informaition した時、
伊勢崎に用事があると言っていたので
来てくれるとは
思っていなかった。

ニール先生と一緒に
けいこさんの演奏を聞いた。
Dsc_0040

無難に演奏したが、
上がっていたのだろう
音が全体的に小さかった。
今後の課題だ。

ニール先生は
けいこさんの演奏の後
2、3曲聞いて
雨の中をカッパを着て
帰った。

後半は
けいこさんと
一緒に鑑賞した。

プログラムには
終了が16:00のとあったが
最後の
伊藤先生ご家族3人の
演奏が終わったのは
16:30だった。
Dsc_0075

けいこさんは
花束をamimiさんから
頂いていた。
amimiさんは、
今朝、わたしのブログを見て
発表会を知り、
急遽
駆けつけてくれたとのこと。
amimiさん
ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「小栗まつり」

渋谷に住むSさんは
倉渕町の東善寺に2度目なのに
わたしは初めてだった。

東善寺には
小栗上野介のお墓があり、
住職の村上泰賢氏が
小栗の生涯を世間に
紹介し続けていることは
知ってはいたが
訪れたことは無かった。
Dsc_0002_2

9:00に高崎駅で
Sさんを乗せ、倉渕に向かった。
Dsc_0004


小栗主従のお墓には
ボタンと黒椿があり、
満開で見事だった。
Dsc_0019

庫裡の中に
小栗の遺品などが
所狭しと展示されていた。

出店で
東日本大震災復興支援酒を
二人で買った。

11:00から
寺から数百メートル西にある
小学校の体育館で
村上泰賢氏の
講演を聴いた。
Dsc_0028

教科書の
海臨丸の沈み掛けた写真を
小栗達がアメリカに行った時に
撮った造船所での写真に
取り替えたいと
声を大にして
情熱的に話した。

江戸幕府を倒した人々を
官軍とは言わず、
西軍と言っていた。
幕府の要人、小栗が明治政府に
抹殺された無念を
今の人々に
知らせようとしている
努力の人だ。
Dsc_0034

下記の東善寺のHPを
参考にして頂きたい。
http://tozenzi.cside.com/

泰賢氏の講演は
12:00まであったが、
前橋市民文化会館で行われる
けいこさんのピアノ発表会へ行くため
11:50に退出した。

外は大雨だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

クマバチは・・・

13:40には前橋市民文化会館に着いた。
大ホール入り口に
1100枚チラシを提出した。

挟み込むチラシの数は20種類も
あったろうか。
1100枚を半分にして
2列に並べた。

一人3枚組んで隣に手渡して
一組にする。

わたしは最後から3番目だったので
隣からくるのが分厚かった。

550組は時間が思ったより
掛かった。
途中で中休みがあった。

左隣は
でかんしょ合唱団の
Wさんだった。

チラシを組みながら
いろいろ話をした。

ガーベラコンサートで
グルチンさんが
『熊蜂の飛行』を演奏する。

そこで、Wさんに聞いてみた。
「先日、井野川を散歩していたら
ニセアカシアの花のところで
クマバチを素手で捕まえている人が
いたので、
どうするんですかと
訊いたら、
『子供の頃やったので
思い出してやっている』としか
答えてくれなかったのですが、
Wさん
どうしてか
知っています?」

「わたしも子供の頃
クマバチ捕まえたわよ。
それね。
(ちょっとためらってから)


頭と胴を引っ張ると
蜜の袋が出てきて
それを嘗めたのよ。
今、考えると
残酷だったわよね」
Wさんは山育ちだったから
クマバチの蜜の味を
知っていたのだ。

ほんのり
甘かったようだ。
物のない時代の
田舎の子どもたちの
おやつだったのだ。



井野川縁で
かつての少年が
クマバチを
捕まえていた疑問が
思いがけず
解けた。

かつての少年は
どうすると教えてくれなかったが
クマバチの蜜を
味わったに
違いない。



家に帰って
この話をけいこさんに
伝えると
「グルチンさんに
『熊蜂の飛行』をリクエストしたのは
確かWさんだったわ」

第3回ホームコンサートは
グルチンさんに演奏してもらった。
その時、Wさんに
グルチンさんを世話してもらった。
グルチンさんへの
Wさんのリクエストが
『熊蜂の飛行』だった。

Wさんには
こんなクマバチの想い出が
あったのだ。



Wさん(依頼)→グルチンさん→熊蜂の飛行の演奏

ガーベラコンサート→チラシの折り込み→Wさん(でかんしょ合唱団のチラシ)と隣席

いちじん→クマバチ(井野川)→Wさん(クマバチの味)

クマバチ、グルチンさん、Wさん、いちじん
の関係図でした。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

カッコウが鳴いた

今朝、少し早く起きて
ブログの記事を書いていると
カッコウが鳴いた。
数回鳴いた。
これから山へ向かうのだろうか?
それともこの近辺で
この夏過ごすのだろうか?
4:30頃だった。

昨年も今頃
鳴いた。
日本野鳥の会群馬のHPに
届けていたので
確認してみた。

「5月20日 5:40 上大類町」 

とあった。
去年は井野川の散歩をしていたので
その時に聞いたのだ。

1日違いで
今年もカッコウの声を聞くことができた。

野鳥の会のHPに
早速届けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとなのピアノ・フルート発表会が

明日、5月22日(日)
12:15~16:30
前橋市民文化会館小ホールで
開催されます。

(前橋市民文化会館の
5月の「催し物ごあんない」に
ちゃんと紹介されていました)

入場無料です。

けいこさんの
初舞台です。

ピアノ教室のメンバーの発表会で
プログラムは
66番まであります。

演奏時間は1人3分くらいで
けいこさんは
23番目に
「エリーゼのために」を
暗譜で演奏します。

19日には
会場へ練習に行ってきました。
いよいよ
明日となりました。

なお、
ガーベラコンサートで
演奏される
伊藤正さんと
杉山友美さんも
前半と後半の
最後に
ゲスト出演されます。

みなさん
時間がありましたら
前橋市民文化会館へ
足をお運び下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チラシの折り込み

今日は群響の第472回定期演奏会が
改装されたばかりの
前橋市民文化会館で
行われる。
開演は18:45だ。

今年から
群響の会員に登録したので
決まった座席で
毎回ゆっくり
聴くことができるようになった。

そのプログラムに
ガーベラコンサートのチラシを
1100枚
挟み込む。
14:00に集合がかかっている。
けいこさんはピアノの練習だ。
わたしが
一人で
行くことになっている。

ガーベラコンサートには
群響の首席チェリストの
グルチンさんが演奏してくれる。
そのグルチンさんの
演奏姿を
今夜は
見ることができるだろう。

ガーベラコンサートの会場は
前橋。
もう少し前橋方面の
知人、友人に
チケットを
働きかけよう。

現役時代
24年間も前橋に
通ったのだから。
その頃、お世話になった人々に
声を掛けてみよう。
現況報告を
兼ねながら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

チラシの配布

午後4時頃から
けいこさんの友人宅に
ガーベラコンサートの
チラシを届けに
出かけた。

1軒目は
留守だったので
玄関の戸に挟んだ。

2軒目は
仕事の終了時刻を
過ぎていたが会えた。
わたしの顔を見て
広報高崎で見ましたよと
市民演劇のことを
話してくれた。

3軒目は
チラシを見て
このチケット買いましたよと
言われた。
北原さんの方から
チケットが行ったようだ。
同じ人に勧めることになってしまった。
でも、買ってもらっていたので
嬉しかった。

4軒目は
自動車修理工場の
オーナーで
わたしは面識がない。
けいこさんが
お願いに行っている間
田んぼの中の道を
散歩した。
麦の成長が進んで
穂が実り始めていた。
そろそろ色づくだろう。
昔作った「なつがくる」を
思い出した。
『麦が黄色くなったから
もう夏が来るんだろう
・・・』
この麦たちには
見えない放射能が
降り注いでしまった。
どれだけ
汚染されてしまっているのだろう。

そんな心配を
一切しなくて良い初夏は
もう
二度と
来ることがない。







大分時間が経ってから
けいこさんが
現れた。



チケットの
要望が来ることを
願いながら
家路に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

真緋の会(5月例会)

テーマは「地震」だった。

出席者は6人。
5人が地震について
書いてきた。
1人は旅行だった。

ベテランのOさんが
お休みで表記上のアドバイスが
無く。
早く進んだ。

同日、同時刻
それぞれがどのように
対処したかが分かった。

物的被害はほとんど無かったが
精神的な面では
それぞれが
おおきなダメージを
受けている。

みんな60代以上だから
慌ててはいないが・・・

それにしても
放射能の被害が
深刻でしかも長引くので
やりきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

almost late

今日、

ニール先生は2時ちょうどに来た。

I was almost late.

この almost が今日の話題だった。

なかなか上手く表現できない。

ほとんど遅刻した。

もう少しで遅刻しそうになった。

わたしは危うく遅刻するところだった。

英作文

We went Mt Arahune monday.

We saw Blue-and-white Flycatcher.(オオルリ)

I made green curtain this mornig.

次回の予定

来週は、ニールさんご夫妻と一緒に

赤城山の荒山に行くことになった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

記者クラブ

高崎市役所4階に
記者クラブがある。

以前から、そこにあることは知っていたが
訪問するのは初めてだった。

前日、上毛新聞の記者から
コンサートについては
記者会見することもないから
11社分の資料を
持参するようにと言われていたので
けいこさんと一緒に
出かけた。


緊張しながら部屋に入ると
長椅子が並んでいた。
後ろにロッカーがあり
その向こう側に各社のデスクが
あるように見えた。

受付の方に
上毛新聞の方に会いたい旨を
伝えると、
呼びに行った。
ロッカーの向こうから
出てきたのは
前日電話に出た方とは
違う人だった。

ガーベラコンサートのことを話し
資料を各社へ配布するように
お願いした。

記者会見はこの長椅子に
腰掛けて
行われるのでは
ないかと想像しながら
記者クラブを出た。

上毛新聞、
それからその他の10社が
どんな風に紹介してくれるのだろうか・・・

不安と期待を胸に
エレベーターで
下に向かった。



夕方
上毛新聞から
「ねらいは
コンサートの紹介なのか
それとも
実行委員の募集なのか」
との電話での確認があった。

実行委員の募集と
コンサートの紹介の両方を
お願いした。

さて、記事になるのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

最初にチケットを買ってくれたのは

昨年度、
市民演劇「空っ風の吹く前に」を
一緒に演じたIさんだった。

高崎演劇鑑賞会の
「をぐり考」の終演後、
近くのレストランに
市民演劇の仲間が数人集まった。

Iさんは
わたしの話をよく聴いてくれる。
つい、その気になって
自分が取り組んでいることを
いつの間にか話している。
聞き上手な方だ。

聴くだけではない、
今回は
でかんしょ合唱団の
ファミリーコンサートのチケットを
買ってくれた後、
ガーベラコンサートの
チケットまで
買ってくれた。

Iさんは
ガーベラコンサートのチケット、
第1購入者だ。

Iさんありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

荒船山へ再び

登った。
1週間前は大風が吹きまくっていたが
今日は静かな日だった。
Dsc_0052

登り始めて早々
籠抜け鳥の
ソウシチョウ3羽と
遭遇。
ここまでソウシチョウが来ていることに
驚く。
Dsc_0019_3

鮮やかなライトブルーのフデリンドウは
今日も健在だった。
Dsc_0059

シジミチョウが
足下に降りた。
種類を確認中。
Dsc_0065

麓で鳴いていたカケスが
姿を現した。
Dsc_0080

1株しか咲いていなかった
ミョウギサクラソウは
数株咲いていた。
2・3日前、雨が降ったので
水が少し流れ
生き生きしていた。
Dsc_0122

コガラ、エナガ、ヒガラの混群が
頭上に来た。
これはベレー帽のコガラ
Dsc_0203_2

艫(とも)からの眺め
前回は強風のため
ゆっくり撮っていられなかった。
新緑が萌えている。
Dsc_0141

12時から13時頃まで
待ったが、
今日も
Xには出会えなかった。

しかたなく
下山。

駐車場まで降りてくると
オオルリが
梢の上の方で鳴いていた。
今日は
最後に
ご褒美があった。
Dsc_0220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

ポスターとチラシを

実行委員が
それぞれの場所に
お願いに行った。

高崎音楽センター
高崎市文化会館
高崎市の旧支所と文化会館
 吉井支所
 倉渕支所
 新町支所
 群馬支所
 箕郷支所
 榛名支所

出向いた際
ご覧下さい。
チケットは2000円です。
お求めは
ピアノプラザ群馬
赤羽楽器
でお願いします。

前橋方面にも
順次、お願いする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

チラシ、ポスターの完成

ガーベラコンサートの
第3回実行委員会を開いた。

チラシとポスターが
できた。
白黒印刷だが
良くできた。
Image0

今日は
チラシやポスターの
配布について話し合った。

チラシを折り込むコンサートを
決め、その担当を割り振った。

タオルで
「がんばるぞうさん」を作り、
招待者と協賛者に
贈呈することにした。
6月初旬、
作り方の講習を開き
70個を目標に作ることになった。

実行委員に
ポスターとチラシを
それぞれ必要な数
持ち帰ってもらった。




夜、
「俺のそば」に
ポスターとチラシを
お願いしに出かけた。

客の出入りが多く
話をなかなか持ち出せなかった。
閉店近くなって
漸く客足が遠のいたので
ポスターとチラシの話を
持ち出した。

すると
店主のmasaさんが
早速、壁に貼ってくれた。
これを見て
ガーベラコンサートに
来てくれる人がいると
良いのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

会場の下見をするため

Sさんとけいこさんとわたしの3人で
チャリティーコンサートの会場となる
群馬県総合公社ビルへ行った。

Sさんは
確認する事項を
まとめて来ていた。
その内容について
担当から説明を受けてから
施設を見て回った。

楽屋は思ったより
広かった。

舞台の緞帳、照明、音声は
1ヶ所で操作できるように
なっていた。

客席の椅子は
ゆったり配置されていて
車椅子のスペースは
4席だった。

釣りマイクが使用できず
録音するのには
舞台袖か客席となり
難しかった。

2階の音声室と
照明室には機器が
セットされていたが
操作は利用者に任せるということ
なので
遠慮することにした。

使用した机や椅子は
元の位置に置くこと。
それらの移動の際には
壁を傷つけないこと。
会場に
ゴミや忘れ物のないようにすること。
等、何度も念を押された。

当日の午前中に
舞台袖にある
機器の操作説明を
してくれるとのこと。

駐車場は
詰め込み式で入れるように
なるので
駐車場係は最低3人は
必要と言われた。

この会場が初めてという
Sさんは
施設を確認して
少し安心されたようであった。

終わってから
休憩所にあった自動販売機で
コーヒーを飲んだ。

そこの壁に
掛けてある山口薫の
牛の親子の絵が
わたしは
好きだ。

お薦めの
一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井野川の鳥見

久しぶりに
井野川を歩いた。
Dsc_0059

新緑の季節になっていた。
ニセアカシアの花が
甘い香りを漂わせていた。
Dsc_0011

水鳥は
カルガモ、コガモ、カワウ
マガモ、サギ類がいなかった。

水辺の鳥
ハクセキレイ、セグロセキレイ、イソシギ、コチドリ、カワセミ

身近な鳥   
スズメ、ハシボソガラス、キジバト、ムクドリ、ツバメ、

モズ、キジ、ヒバリ、オナガ、ホオジロ、

猛禽類
チョウゲンボウ

声だけ
オオヨシキリ、コジュケイ、カワラヒワ

全部で22種

ベスト1
チョウゲンボウが電線から
垂直に滑空したかと思ったら
何か(小さなヘビのように見えた)銜えて
また電線に留まった。
狩りを見たのは初めてだった。

Dsc_0053

Dsc_0112

Dsc_0113

Dsc_0115   

ベスト2
キジのオスが川を飛び越えて
草むらの中へ入った。
赤い頭が
見えたり隠れたりしていた。

Dsc_0080

Dsc_0086 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

コスチューム?

午後は週1回の英会話の日

ニール先生が
質問した。
わたしには
「・・・コスチューム・・・」
としか聞こえなかった。

「コスチュームって
衣類のこと?」
と言うと
飛んでもない
I have a question だった。

今日、教わった英語は
1 I got(had) a haircut.
2 I cut my hair.

1 髪を切ってもらった。
2 自分で髪を切った。

ニール先生は2番とのこと。
今日は頭髪も髭も短かった。

わたしは子供の頃、自分で髪を切って
ボウズにしたと言ったら、
「Buzzか」と言う。
髪を切る音と取ったのかと思う。

「No, temple master head」と
思わず出任せを言った。

こんなことだから
なかなか話が進まない。

けいこさんが
「skin head」と言ったら
通じたようだった。

後で辞書で調べたら
坊主は Buddhist priest
坊主頭は close-cropped hair
とあった。
cropで イガグリ頭ともあった。

中学生から高校生の頃まで
わたしはバリカンで自分の
頭を刈っていた。

When I was boy, I cut my hair by clippers.

cutの時制は(cut cut cut)で
楽だった。
時制tenseは、12通りあるとのこと。
時制、進行形、完了形、完了進行形×現在、過去、未来

今は、Barbarshopeで刈ってもらっているから、
I get a haircut.

と表すのだろうか?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

皿2枚

今日は月1回の陶芸教室の日
先月、釉薬を着けた皿が
焼けていた。

この皿は、
義妹の要望に(白っぽいパン皿)
応えて作ったのだが、
粘土が赤系だったので
白がよく出なかった。

同じ釉薬でも
粘土によって
色の出方が違うことを
思い知らされた。

午後、義妹が来たので
2枚の皿を渡した。
厚くて重く
そして黒っぽい
どう見ても
野暮な皿だが
快く受け取ってくれた。

漬け物くらいは
載せてもらえるかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

群馬大学附属病院へ

行った。
総合受付で
初めてですかと
聞かれて
「20代の時、胃潰瘍で
お世話になりました。
それ以来です」
と言うと
「それなら、初めてと
同様ですから、
新しいカードを
作りましょう」

近所の眼科医に
書いてもらった紹介状を渡した。

眼科はそのフロアーにあった。
9:45に眼科受付をしてから
1時間ほどして
視力検査。

麻酔薬を目に入れて
待つこと2時間。
精密検査が終わったのは
13:00に近かった。

教授の診断は
14:00頃だと言うので
昼食を食べることにした。

朝、
新しい駐車場から
総合受付に来る
道すがらにいろいろな店があったので
そこへ行って
学食風の店に入った。

新しい食堂であったが
病院で
診断結果を
思い煩いながら
一人で食べるのは
侘びしかった。

薄暗い診察室で
教授から
「中心性漿液性脈絡網膜症の
疑いがあります。
次回は造影剤を使って
症状の検査をします」と言われた。

近所の眼科医で
加齢黄斑変性と言われていたので
聞き慣れない病名を告げられて
驚いた。

加齢黄斑変性に似た症状だが
中心性漿液性脈絡網膜症の方が強いとのこと。

看護師さんに
次回の日程を相談して
大学病院を出た。
15:00を過ぎていた。

家に帰ると
けいこさんが
「その病気は
夜更かしがいけないそうよ」
と言う。
病院からメールで診断名を送っていたので
ネットで調べたそうだ。
男の方が多いとのこと。

加齢黄斑変性より
予後が良いようなので
少し気が楽になった。

夜更かしを
しないようにしなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

DVDを見ての感想が

Sさんから
ショートメールで届いた。


転記

今日、「空っ風の吹く前に」を
通して拝見させて頂きました。
一言では言い表せませんが、
暖かいドラマで感激しました。

心暖まる脚本であり、
出演されている方の熱意が
しっかりと伝わって
きました。
相馬茂さんの存在感は
圧倒的でした。
雪の降る町を・・・
胸に響きました!


こんな感想を頂いて
嬉しい限りです。
今年も挑戦しようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大地震で弓道場の

屋根瓦が崩れてしまった。
その修理のため
4月いっぱい弓道場が
使用禁止だった。

久しぶりに
弓道場に
出かけたら
今日は今年度の
弓道教室が始まりの日だった。

練習はできないので
今年度の会費を
納めて帰ってきた。




夜、けいこさんが
「パリのかおるさんからメールが
あったわよ。
転送しておいたわ」と言う。

開けてみると
わたしが弓道を始めたことを
このブログで知ったとあった。
かおるさんご夫妻は有段者。
わたしは初心者。

でも、
いつか
弓を一緒に引く機会を
作りたいものだ。

その前に
練習だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

上毛新聞から

電話があった。
高崎担当の記者からだった。

その電話は
合唱練習のちょうど休み時間に
掛かってきた。

チャリティーコンサートの
事前報道を
してくれるとのこと。

コンサートの概要。
始めたきっかけ。
スタッフが足りないこと。
等を話した。
演奏曲目について
聞かれたが
資料が手元にないので
家に帰ってから
21時半頃電話をすることにした。



記者は高崎市役所内に
いるようだった。
わたしが曲目を伝えた後、
けいこさんが
電話で
今までの経緯と
当面の課題を
話した。

電話を終えてから
要望があった
チラシの原案を
メールで送った。

さて、
どのように
いつ頃
取り上げて
もらえるのだろうか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

荒船山

ウスバサイシンが一株咲いていた。
Dsc_0047

フデリンドウ
Dsc_0096

ツルキンバイ
Dsc_0100

エイザンスミレ
Dsc_0104

フモトスミレが沢山咲いていた
Dsc_0054 

タチツボスミレで吸蜜するスジボソヤマキチョウ
Dsc_0287

ミョウギコザクラも一株だった
Dsc_0210

駐車場近くにスジボソヤマキチョウのオスが
ヤマエンゴサクで吸蜜
Dsc_0374

残念ながらXには
出会えなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

キュウリの移植

午後、二人で
畑作り。
けいこさんが
伸び放題の草を削る。
わたしが
万能で掘り返し
草の根っこを取り出す。

キュウリ4本と
ミニトマト2本を
移植した。
4歳の孫が
ちょっと手伝ってくれたが
すぐに
帰ってしまった。

雨が降りそうで
降らないこの頃、
バケツで水をやる。

今までに
下仁田ネギ(移植)
エダマメ(芽が出揃った)
トウモロコシ(芽が出揃った)
インゲン(芽が出始めた)
ナス(移植)

今日のキュウリとミニトマトで
7種類になった。

もう少し、開墾するスペースがある。
けいこさんが
「コマツナの種を撒くのを
忘れていたわ」
そうだ、そこに
コマツナを撒こう。

細かな草が
インゲンやエダマメの周りに
生え始めた。
これを退治しないと
豆の芽が負けてしまう。

草むしりがこれからの仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

をぐり考

5月17日に高崎市民文化会館で
演劇「をぐり考」が上演される。

http://www.d3.dion.ne.jp/~kyorakuz/work/work-woguri.htm

今日はその事前学習会に
参加した。

会場はNさん宅で
集まったのは9人だった。

中西和久の一人芝居であった。
中西は井上ひさしの作品を
大分演じている。
その中で
「しみじみ日本・乃木大将」
「イーハトーボの劇列車」
「藪原検校」
などは見た。
だから
中西和久を見ているのだが
中西和久という役者は
知らなかった。

今回初めて
中西和久という名前を
意識して
見ることになった。

説教節、
一遍、
照手姫、
小栗、
どのような舞台になるのか
楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「グラフぐんま」4月号

近くの銀行に行って
「グラフぐんま」を見た。
4月号を見たが、大震災特集で
市民演劇の記事は見当たらなかった。

そこで、3月号を探して
チェックした。
しかし
市民演劇の記事はなかった。

もう一度4月号を
見直した。
ゆっくり見ていくと
中程のトピックスというところの
26ページの下の方に
記事があった。

カラーだとばかり思っていたので
白黒写真をよく見ていなかったのだ。



近くの書店に電話で
「グラフぐんま」が
あるか確認したら
取り扱っているとのこと。

初めて「グラフぐんま」を
買った。
定価は350円だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

三ツ岩岳

南牧村の三ツ岩岳(1032m)に
登った。

尾根コースは
起伏が多かった。

頂上手前から
アカヤシオが見られた。
満開を過ぎ
散り始めていた。
Dsc_0204

2005年5月4日に登った時は
花が終わっていたが
今回はどうにか
花に間に合った。
Dsc_0147_2 

黄色いヒカゲツツジと
ピンクのアカヤシオが
一緒に
咲いていた。
Dsc_0187

頂上には
13:00頃到着。
朝、車を止めた時
駐車場には10台くらい車が
あったから
誰かいるかと思ったが
誰もいなかった。

二人で
ゆっくりおむすびを食べた。
けいこさんは
食後一眠り・・・
Dsc_0222

登りには2時間たっぷり
かかったが
下りは
1時間もかからなかった。
Dsc_0234

しばらく振りで
汗をかいた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

姪の結婚式で

式場のマイクロバスが
近所に来たのが
14:20。
会場は前橋。
帰ってきたのが
21:00。

賑やかで
明るい
結婚式だった。

宴席で
この春の市民演劇を
見に来てくれた
義弟の兄が
劇を見て良かったと
感想を言ってくれた。
そして
「『グラフぐんま』にも
紹介されていましたね」
と付け加えた。

高崎市の『広報高崎』だけかと
思っていたのだが
『グラフぐんま』に
紹介されていたとは・・・

早速、近くの銀行へでも行って
見てみよう。



今年度の
市民演劇の募集が
5月1日号の『広報高崎』に
掲載されていた。

2回目の今年は
老人ホームを舞台にした
ストーリーとのこと。
応募者が多い場合、
初心者を優先するとあった。

さて、
どうしようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

観音山丘陵の自然展

観音山丘陵の自然展を
毎年見に行っている。
今年も案内のはがきが来たので
シティギャラリーへ
出向いた。

カッパピアの跡が
自然公園になるようだ。
その構想と現状が
展示されていた。

観音山の自然を
こよなく愛した
故瀧田吉一さんのスケッチ帳が
展示されていた。
そこに
瀧田さんのスケッチ展が
染料植物園で開催されるという
案内のチラシがあった。
「観音山の生きものたち」
     4月16日~6月19日
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/senryou/topics/topics.htm#takita

その他では
いろいろな虫の
交尾の写真が
目を引いた。

高崎の
水彩画家 塩沢宗馬さん
切り絵作家 関口コオさん
写真家 箕輪真一さんたちの
作品が紹介されていた。


この展示会の隣に
「図画工作の家族三人展」という
看板があった。
図画工作という言葉に
釣られて入った。

ご夫婦と息子さんの
作品展だった。
ご主人は水彩画(風景)
     よく塗り込んであり、油絵に近い雰囲気
奥さんは彫塑(人物・頭部)
     ダイナミックな表現
息子さんは油絵(動物等)
     デッサンがしっかりしていた。

ご主人と話してみたら
わたしの知っている画家を
何人も知っていた。

銀座の日動画廊で最近
個展を開催した
今井光俊氏と大学が
同期と言うことで
ますます話が弾んだ。

けいこさんが
ご主人の
水彩画の感想を伝えると
絵について
詳しく説明してくれた。

ピアノ弾く女性と
フルートを吹く男性の絵が
良かったので
その絵の話を聴いた。
なんと
フルートを吹く男性は
わたしが現役時代、
一緒に仕事をしたTさんだった。

まさかTさんが
モデルになっていたとは・・・
早速
電話をしてみよう。

何の気無しに入った
展覧会で
思いがけない出会いを
した。




シティギャラリーで
ゆっくりしてしまったために
次に行った高島屋の
「ジムヘイ made ジムヘイ」
キルト展は
最終日のため14時で
終了していた。

このキルト展の
案内をしてくれた
英語のニール先生に
申し訳ないことをしてしまった。

ジムヘイさんに
「Nice to meet you」と
挨拶しようと
準備して行ったが
適わなかった。

ニール先生に
「I am sorry」と
言おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

通院して

毎回、血液検査をして
その結果で
薬を出してもらっている。

今日の結果を見て
ドクター
「尿酸の数値が
高くなっています。
薬を飲まないと
痛風になりますよ」
わたし
「夕べ、酒を大分飲んだので
それで上がっているのでは?」
ドクター
「そういうことは考えられません」

ということで
明日から飲む薬が
1種類増えて
6種類になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

夜は数年振り

夜はネット仲間のオフ会を
高崎の居酒屋で開催。

福島からRさん。
東京からSさん。
埼玉からMuさん。
高崎のMaさん。
そしてわたし達二人。

6人で
話し合った。

ネットの話題。
数年前のオフ会のこと。
そして
近況報告。

Muさんは車で
今日はRさんとSさんを
高崎の町を
案内してくれた。
車のため
お酒が飲めないので
早く退席した。

Rさんは今回の大地震で
人生観が
一変したとのこと。

Sさんは今回のオフ会の
提案者。
Rさんとの再会を
とても喜んでいた。

Maさんは明日
SさんとRさんを
草津から中之条方面に案内する。
仕事柄(おれの蕎麦の経営者)
料理とお酒の注文役を
引き受けてくれた。

お酒が入り
話が弾んだ。

なかなかお開きに
ならなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昼は44年振り

NPO法人「鷹の森たかさき」主催の
源流体験・発見ネイチャートレイルに
参加した。
http://genki365.net/gnkt08/pub/sheet.php?id=5580

8:30に「はまゆう山荘」の下の空き地に
集合した。
烏川に沿って
散策。
鳥はオオルリを見たが
その他はあまり見られなかった。
スミレは2種類だった。

河原で昼食を食べた。

午後は
倉渕ダムのために建てられた
施設に行った。
倉渕公民館の主催で
1 倉渕周辺で見られる野鳥
2 生物多様性について
という2つの報告を聴いた。

司会をしていたのが
高校1年の時
同じクラスだったO君だった。

O君が倉渕に生息する
ミヤマシジミの保護活動を
中心になって行っていることを
新聞で知っていたが
会うのは
44年振りだった。

O君は昨年の6月に
ヒメシジミの生息を確認したことを
報告した。

ヒメシジミが飛ぶ頃
倉渕に行って
姿を見たいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »