« 「グラフぐんま」4月号 | トップページ | キュウリの移植 »

2011年5月 6日 (金)

をぐり考

5月17日に高崎市民文化会館で
演劇「をぐり考」が上演される。

http://www.d3.dion.ne.jp/~kyorakuz/work/work-woguri.htm

今日はその事前学習会に
参加した。

会場はNさん宅で
集まったのは9人だった。

中西和久の一人芝居であった。
中西は井上ひさしの作品を
大分演じている。
その中で
「しみじみ日本・乃木大将」
「イーハトーボの劇列車」
「藪原検校」
などは見た。
だから
中西和久を見ているのだが
中西和久という役者は
知らなかった。

今回初めて
中西和久という名前を
意識して
見ることになった。

説教節、
一遍、
照手姫、
小栗、
どのような舞台になるのか
楽しみである。

|

« 「グラフぐんま」4月号 | トップページ | キュウリの移植 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/51597983

この記事へのトラックバック一覧です: をぐり考:

« 「グラフぐんま」4月号 | トップページ | キュウリの移植 »