« 今朝の収穫 | トップページ | アイガモ農法と梅談義 »

2011年6月23日 (木)

ちいさなヘビ

庭の隅の草むしりを
していたら
ちいさなヘビが
塀の土台に沿って
逃げていく。

けいこさんは
始め大きなミミズと思っていたが
動きが違うので
ヘビと気づいて
改めて驚いたという。




「ギャー・・・
もうここから向こうの草は取れない」



まだ、我が家の庭に
ヘビが生息していた。
茶色で体長が20センチ
種類は不明。
ヤマカカシや
マムシではないようだ。

周りは
宅地化で自然が失われて
しまっている。
我が家に
僅かに残る自然の中に
ヘビが辛うじて
生きていた。

怖いけれど・・・
気持ち悪いけど・・・

しばらく
お付き合いしなければと
思っている。

|

« 今朝の収穫 | トップページ | アイガモ農法と梅談義 »

コメント

大きなミミズぐらいで模様のない茶色の蛇というと「ヒバカリ」でしょうかねぇ。
うちの庭でも時々見かけます。

投稿: むじな | 2011年6月25日 (土) 19:24

むじなさん
ご教示、
ありがとうございます。

「ヒバカリ」という名前
初めて知りました。
以前、車の犠牲になっていたのも
この「ヒバカリ」と
思われます。

ネットで見たら(読んで直ぐ閉じました)
無毒とあり、
温和しく、
あまり大きくならないので
マニアではブームの種とか?

わが家の庭が
住み家ということでしょうか。

お目にかかりたくない
住人、いや住蛇くんです。

投稿: いちじん | 2011年6月27日 (月) 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52032182

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさなヘビ:

« 今朝の収穫 | トップページ | アイガモ農法と梅談義 »