« 温暖化でもここまで | トップページ | 三婆(さんばば) »

2011年8月20日 (土)

硫黄岳で出会った人

硫黄岳の2日目、
頂上から降りてきて
夏沢峠の休憩所で
荷物整理をした。

隣に一人で休んでいた人がいた。
けいこさんが
「ヘルメットをお持ちですが
岩登りをされるんですか?」
「単独で岩登りを
しています」
驚いたわたし
「どのように
するのですか?」
「上で固定したら
降りてきて下のザイルを
外してもう一度登ります」
「そうすると
二人で登る時の2倍はかかりますね」

この人
温泉と岩登りを
組みあわせて
日程を組んでいるそうだ。
明日から天気が崩れるので
予定を変更して
下山という。

わたし達が
下山していると
彼は身軽に追い越して行った。

本沢温泉には
露天風呂がある。
「山彦荘」で入浴券をもらったので
入っていこうと
相談しながら降りていった。

河原にある露天風呂が
見えた。
登山道から丸見えだ。
浴槽を見ると
男性が一人入っている。
その横で母と娘が足湯をしていた。
この3人は家族のようだ。

そして
浴槽から数メートル上流に
岩登りの彼が上流の方を向いて
いた。

わたし達が
露天風呂に行くと
妻と娘は足湯を終えて帰って行った。
彼は女性がいたので
出るのを待っていたのだ。
そこで
彼とわたしが入った。

間もなく
先に入っていた男性が出たので
けいこさんが
入ることになった。

岩登りさんがいるので
ポンチョを
湯船に入るまで
使った。

白濁した湯だが
ちょうど良い湯加減だった。

岩登りさんから
音楽関係の仕事をしていると
聞いて
岩登りと音楽との
組み合わせに驚いた。
更に指揮者だというので
またまた驚いた。

「音楽は自然そのものですよ」
岩登りさんが
渓谷と山々を指して言った。
Dsc_0579
岩登・指揮さん(手前)とわたし(赤)のリュック



指揮法
ウィーンとオペラ
マーラー
群響
山田一男
小澤征爾
下野○○
・・・

乏しい音楽知識を
フルに使って
音楽談義。

露天風呂を
出てから
岩登さんに名前を聞くと
名詞を手渡された。

群馬では
太田で毎夏、指揮棒を振っているとのことだった。

露天風呂から出て
岩登・指揮さんは
先に行った。
稲子温泉から東京に
帰るとのこと。

わたし達は
車を天狗展望台に置いてきたので
みどり池の方(稲子温泉)に行かないで
真っ直ぐ降りた。

露天風呂は
硫黄の臭いが強く
ゆっくり入っていられなかった。
けいこさんは
途中の
稲子温泉に入っていきたいという。

そこで
急遽、稲子温泉に回って行くことにした。
宿は一軒しかなかった。
けいこさんが
日帰り入浴ができるか
聞きに行った。
わたしは駐車場で
待っていた。

しばらくして
けいこさんが帰ってきた。
「知っている人が
いたわよ!」
「そんなこと無いだろう・・・」

そう、
岩登・指揮さんだった。
わたしは
彼と2度一緒に
風呂に入ってしまった。
ぬるかったので
ゆっくり入った。

露天風呂で
思い出せなかった
指揮者の名前を
やっと思い出した。
「ウィーンで聞いた
指揮者ですが、
ピアノを弾きながら
指揮をしていたのは
バレンボイムでした」
と言った。

小海駅から
東京に帰るという。
小海駅の近くを通るので
車で送った。



おおた芸術学校
http://www.oaas.jp/news/sf2011.htm

バレンボイム
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C0%A5%CB%A5%A8%A5%EB%A1%A6%A5%D0%A5%EC%A5%F3%A5%DC%A5%A4%A5%E0

|

« 温暖化でもここまで | トップページ | 三婆(さんばば) »

コメント

本沢温泉・・・なつかしいです。

ボクたちは、あの登った後の爽快感が好きです。
木の一本でも生えてれば着替えも楽なんでしょうけど
あそこの見晴らしは抜群過ぎますもんね。
男性も女性も少し気をつかいますね。

お久しぶりです。
もうすぐ帰国します。
今、なぜかハワイにいます。
元気です。

投稿: kzm&kn | 2011年8月25日 (木) 19:24

kzm&knさん
しばらくアップが途絶えていたので
南米のアマゾン辺りを
歩いているんだろうなと
思っていました。

え、ハワイですか!
帰って来たようなものですね。
円高ですから
ゆっくり
世界旅行、
最後の地の味を
体感して来て下さい。

ケニア以後の
レポートを
楽しみにしています。

投稿: いちじん | 2011年8月25日 (木) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52519272

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄岳で出会った人:

« 温暖化でもここまで | トップページ | 三婆(さんばば) »