« お別れの会 | トップページ | 「革命をプロデュースした日本人」の »

2011年8月25日 (木)

広瀬隆講演会が

8月21日(日)13:00~16:00
玉村町文化ホールで
開催された。
テーマは
「原発を考える」

『電気より生命が大事』だから

今ある54基の原発を
全部廃止しなければ
ならない。

感情論ではなく
地震学に
基づいて
日本列島の危うさを
論じていた。

オーバーな言い方の
傾向はあるが
耳を傾けるに値する
考えだ。

これから社会を創っていく
子どもたちに
これから生まれてくる
子どもたちに
これ以上
災いのある環境に
してはならない。

こんな社会にしたのは
他でもない
危うい原発を
無自覚に容認してきた
わたしなのだから。

8月25日(木)
上毛新聞は
「ひと人こえ」という18ページに
広瀬さんの講演の要約を
掲載した。
十分ではないが
講演内容を伝えた上毛新聞に
敬意を表す。

|

« お別れの会 | トップページ | 「革命をプロデュースした日本人」の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52567433

この記事へのトラックバック一覧です: 広瀬隆講演会が:

« お別れの会 | トップページ | 「革命をプロデュースした日本人」の »