« 義援金の追加 | トップページ | 網戸の張り替え »

2011年8月30日 (火)

桜散る散るもつもるも三春乃一座

高崎市文化会館で
18:45開演。

カーテンコールで
座長が
演劇好きが
数人で始めて
10年。
漸く全国各地で
上演できるようになりました。
また、
お目にかかれる日が
来ることを
願っています。

余り知られていない
劇団であったが
見応えのある
劇だった。

ストリーは
戦争中の横浜の劇団の
楽屋で
繰り広げられた。

特高警察が厳しく
取り締まる中
国定忠治を
新劇風に
演じようとして
役者が
苦悩する。

そんな時
空襲。
逃げまどう
様子が
一転
スローモーションで
演じられる。

横浜空襲後
再び
三春座に集まり
特高をも
含めた
役者たちが
理想の演劇を
目指す・・・

赤城の山が
いつの間にか
横浜となり
忠治を演じる座長が
座長に。
子分を演じる
団員が
それぞれ個人に
入れ替わって
しまう。

セリフに中に
「演劇とは・・・」
ということが
沢山出て来た
お芝居だった。

|

« 義援金の追加 | トップページ | 網戸の張り替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52610000

この記事へのトラックバック一覧です: 桜散る散るもつもるも三春乃一座:

« 義援金の追加 | トップページ | 網戸の張り替え »