« カラスの行水 | トップページ | 唐沢孝一先生の講演 »

2011年9月23日 (金)

おはぎ

暑さ寒さも彼岸まで
と昔の人は言ったが、
その通りだ。

暑いけれども
朝夕は涼しい。
肌寒くさえ感じる。

今朝、おはぎを作った。
今年はわたしも
挑戦。

けいこさんが
半殺しにした餅米を
丸める。

わたしは
あんこ付け。

あんこは夕べ
甘みを抑えて作ったもので
つぶしあん
少し硬めだった。

布巾にあんこを取り
伸ばす。
丸めたもちを載せ
茶巾よろしく
布巾で絞る。

あんこが付かないところに
補充して
もう一度絞り
出来上がり。

受けの銀紙に載せれば
どうしてどうして
お店で並んでいる
おはぎに
引けは取らない。

初体験だったので
あんこを一様の厚さに
伸ばすのに
手間取った。

けいこさん
「二人で作ると速いわね。
自分で作ったのを食べてみて」

自分で作ったのを
包丁で半分に切り
あんこの付き具合を見ながら
食べた。

おはぎだった。

仏壇に
おはぎと
玄関先で満開の萩の花を
供えた。
ここで一句

 仏壇に おはぎと萩を 供えけり

チーン・・・

|

« カラスの行水 | トップページ | 唐沢孝一先生の講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52813216

この記事へのトラックバック一覧です: おはぎ:

« カラスの行水 | トップページ | 唐沢孝一先生の講演 »