« おはぎ | トップページ | 安全神話の崩壊 »

2011年9月24日 (土)

唐沢孝一先生の講演

都市鳥研究会代表の
唐沢先生の
「都市動物の生態と自然保護」
という講演会に行った。
生涯学習センター 4階
13:30~
主催 群馬県自然保護連盟

わたしは数年前に
唐沢先生のHPを知った。
今までに数度
掲示板に質問や
鳥情報の書き込みをしたが、
その度に
丁寧な解答を頂いていた。
http://www.zkk.ne.jp/~karasawa/u-bird.html

その唐沢先生から
直接話が聴けるというので
少し早めに出かけた。

先生は
プロジェクターを使って
生き生きと自然保護について
語った。

話の中に
わたし達の興味や体験と
共通するものがあった。

1 わたしが愛読している芥川賞作家で
  医師でもある南木佳士の生家が
  先生の実家のすぐ近くという話。

2 わたし達がよく行っている真鶴半島の
  森の成り立ちについての詳しい解説。

3 わたし達がヒメギフチョウの観察で
  知り合ったMさんのヒメギフチョウ保護活動を
  高く評価。
  
先生の前橋高校時代のことから
始まって
自然保護は
法律で守らせるのではなく、
子どもたちの心の中に
自然を愛する気持ちを
芽生えさせることだ
という話で締めくくった。

話が具体的で
分かり易く
楽しかった。

カラスの話では
カラスが遊ぶ様子が
紹介された。
・カラスの電線遊び
・カラスの滑り台
・カラスのくるみ割り
・カラスのテニス
が面白かった。

話の中に
ふるさと群馬を愛する気持ちが
随所に伺われた。

最後に質問時間があった。
Q1 先生が調査された
   主要都市の鳥の生態の特徴が
   最近、変化してきているのではないか?

A1 大分前の調査なので
   その通りだと思う。

Q2 ①ヨーロッパではスズメが激減しているというが、
   ②東京のスズメの現状は?

A2 ①農家の収穫方法がコンバイン方式で
    完全に実を取り込んでしまい、
    スズメの食べる落ち穂が無くなってしまった。

   ②小売商店が無くなり、スズメが食べる残飯が
    道や庭に出されなくなった。
    住宅の機密性が高まり
    スズメが巣を作る隙間が無くなった。
    それでスズメは
    電柱などのパイプの空間を使うようになったが
    最近、東京電力はその空間まで塞いでしまった。

質問は2人から出された。
Q2はわたしの質問。   

帰りのエレベーターが
先生と一緒だったので
降りた後
一緒に写真を撮らせてもらった。

けいこさんが
以前、先生がコスタリカに
鳥見に行かれた話をすると
名詞を取り出しながら
コスタリカは遠いので
近々、台湾へ行くんですが、
どうですかと
誘われた。

わたしは
帰りの車の中で
興奮気味に
先生と一緒の鳥見旅行は
素敵だろうなと
けいこさんに言った。

|

« おはぎ | トップページ | 安全神話の崩壊 »

コメント

唐沢さんの講演会では、お声をかけていただきまして有難うございました。
早いですね・唐沢さんの掲示板拝見しました。そこでブログを開かせていただきました。
素晴らしい写真・コメントに見入っています。(昨夜、テレビを見ながら居眠りしたため、今朝は、暗いうちに目が覚めてしまいました。唐沢さんの掲示板からY様のブログを知りました。早速投稿させていただます。)
なんだか嬉しい昨日今日です。よろしくお願いいたします。

投稿: suubaba | 2011年9月25日 (日) 06:15

昨日は大変お世話になりました。
素晴らしい講演を
拝聴できたのは
群馬県自然保護連盟の
皆様方のお陰です。
貴連盟の機関誌「群馬の自然」を
数冊、頂いてきましたので
皆様方の地道な実践を
勉強させていただきたいと
思います。
ありがとうございました。

気ままな山歩き
気ままな自然観察を
勝手にしていますが、
唐沢先生のお仕事は
良き指針です。

今後もよろしくお願い致します。

投稿: いちじん | 2011年9月25日 (日) 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52822794

この記事へのトラックバック一覧です: 唐沢孝一先生の講演:

« おはぎ | トップページ | 安全神話の崩壊 »