« 歯ブラシおしゃぶり | トップページ | 小春日のなかで 練習6回目 »

2011年10月 4日 (火)

復活

常念岳に登った
9月30日は雨だった。

携帯を袋の中に入れて
ザックに吊した。
いつでも時刻を
調べられるように・・・

中腹で
ビリビリ振動がする。
携帯だった。
マナーモードにした覚えはない。
袋から取り出してみると
水浸しになっていた。

水気を払って
胸ポケットに
入れ直した。

常念小屋に着いて
携帯を
使おうとしたら
電源が入らない。
電池を外し
水気を拭き取っても
ダメだ。

故障だ。

新しいのを買わねばならなく
なるかも・・・

お陰で
山に行っている間中
携帯は使えなかった。

10月2日の夕方
高崎に戻り
帰宅する前に
携帯の店に行った。
19:00までやっていたので
診てもらうことができた。

店員が電池を外して
中を見せた。
水濡れサインが
3ヶ所とも赤くなっていた。
「修理には
費用と時間がかかります」
新機種を買った方が
良いとは言わなかったが
そんな雰囲気だった。

「電話番号のバックアップできますが
その他はできません」
と言う。

「でも、念のため
電池を入れ替えてみましょう」
と言って
電池を探してきて入れた。

しばらくしたら
画面が明るくなり
表示が出た。
復活だ。

店員は
「この状態だと
故障する可能性が高いので
保証できませんが・・・」
と言う。

わたしは
「使えるだけ使ってみます」
と言った。

「お客様の携帯は
ちょうど2年経ったので
電池の無料交換ができますから
お取り替えしましょう」
と言って
新品の電池を
入れてくれた。

今日で5日目だが
携帯は正常に機能している。
当分、新しい携帯を
買わなくても
良さそうだ。

|

« 歯ブラシおしゃぶり | トップページ | 小春日のなかで 練習6回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52911160

この記事へのトラックバック一覧です: 復活:

« 歯ブラシおしゃぶり | トップページ | 小春日のなかで 練習6回目 »