« 文化祭の準備 | トップページ | 文化祭 2日目 »

2011年10月29日 (土)

文化祭 1日目

紙芝居

見に来た人は2人、
それも1人は途中で退出。
会員が数人、見てくれた。

約1時間かかった。

見た人の感想と意見
・講談調だった。
・めくりにリズムがなかった。
 スムーズにめくるようにしたい。
・子供用の短い紙芝居を新たに作りたい。

かるた

地域の子どもが2人希望しているとのことだったが
来なかった。
希望書に希望日(29日・30日)の欄が無かった。
来たのは教頭さん、
そこで
会員がするのを見てもらった。

読み手をしてみて
・ちょっと読みにくい読み札があった。
・空読みの札は暗記しておく必要がある。
 「あっぱれと、歴史に残る高崎五万石騒動」
・役札を覚えること。
 「あ」「ほ」各3点
 「う」「す」「ひ」 各2点 この3枚が揃えばボーナス7点


時間があったので
H氏とT氏と3人で雑談。

富岡製糸を世界遺産に登録してもらうための
運動をしていることから
群馬の養蚕についての話で盛り上がった。

群馬の養蚕が盛んになったのは何時頃からか?
1 明治初期の官営の富岡製糸工場が作られた頃から

2 江戸の末期、日本の輸出品の中心は絹だった。
  群馬の百姓も絹を生産していたのではないか。  

3 江戸末期の百姓は年貢を米で納めていて
  養蚕による収入があったようには見えないのはどうしてか?

4 養蚕は奈良時代から多胡地域などでは
  行われていた。
  江戸時代の群馬の養蚕状況はどうなっていたのか?

5 天明3年の浅間の噴火は大変な災害だった。
  養蚕をしていたとすれば桑などに大きな被害があったはず、
  当時の資料から養蚕状況が推測できるのではないか。

結論
  江戸時代の農業経済の基本を学ばなければならない。

|

« 文化祭の準備 | トップページ | 文化祭 2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53115424

この記事へのトラックバック一覧です: 文化祭 1日目:

« 文化祭の準備 | トップページ | 文化祭 2日目 »