« プリンター | トップページ | 青木村訪問記 第2日目 »

2011年10月15日 (土)

青木村訪問記 第1日目

高崎五万石騒動研究会の
研修旅行    1泊2日(one night two days)

長野県の青木村(一揆の歴史を大切に残している村)
参加者 9名(車2台)1名欠席
出   発 9:00
天   気 雨天

上信越高速道路の上田インターで降りて
上田バイパスを経て
青木村に入った。

大法寺の三重塔(国宝)は見事だった。
Dsc_0018

Dsc_0021

蕎麦屋「さかい」で昼食
蕎麦尽くし。
Dsc_0035

店の回りは
蕎麦畑が広がっていたので
信州産とばかり思っていたら
自慢そうに
「うちは北海道産の蕎麦粉を
使っています」と
思いがけない言葉。

長野で北海道産の蕎麦と
拘るだけあって
美味だった。

平成22年3月に完成した
青木村歴史文化資料館を
見学した。
Dsc_0061

総工費
およそ7000万円
この小さな村で
よく造れたと
感心した。

Wさんに館内を
案内してもらった。

江戸から明治初期に
かけて
5回の一揆を
起こしたとのこと。

わたしは
夢として
高崎五万石騒動
義民記念館を
造りたい。

そこで
どのようにして
この資料館が
建てられたのか
質問した。

資料が散逸しないように
意図的に集めていたこと。
村の一揆を
研究していた人が
近くにいたこと。
補助金を
活用したこと。(半分は補助金)
10年余り前に
義民サミットを
立ち上げて
義民のお墓に
記念碑を建てたこと。
村を挙げて
取り組んだこと。
等が述べられた。

古い資料だけでなく
最近描かれた
一揆の様子の絵も
展示されいた。

もう一つの部屋には
郷土の俳人
一石路が
紹介されていた。

時間があったので
宝暦の一揆の
関係者の墓を
案内してもらった。
Dsc_0068

Dsc_0077

Dsc_0088

Wさんは
明日も案内しましょうと言って
軽4輪トラックで
帰って行った。
Dsc_0090

宿は
山の中腹にある
沓掛温泉の
古いK旅館だった。

夕食は
青木村の一揆に対する
熱い思いについての
話で盛り上がった。
Dsc_0091_2

|

« プリンター | トップページ | 青木村訪問記 第2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/52993854

この記事へのトラックバック一覧です: 青木村訪問記 第1日目:

« プリンター | トップページ | 青木村訪問記 第2日目 »