« 「r」と「l」の発音 | トップページ | 本に着いている紐の名前は? »

2011年11月10日 (木)

映画「ヒマラヤ」

シネマテイクで
17:30からの上映を見た。
観客は6人。
明日が最終日。

「ヒマラヤ」は
日本題で
映画の本当の題は
「ナンガ・パルバート」
8125mの山の名前だった。

見る前に
ネパールのガイドブックを
出して
その山が何処にあるか
調べたが
見つからない。

ネットで
「ナンガ・パルバート」を
検索したが
映画の情報ばかりが
出るばかりで
山そのものの場所は
分からなかった。

1970年の話だった。
25歳のメスナーが
弟ギュンターと
「ナンガ・パルバート」に登ったが
下山中、弟ギュンターが
亡くなった。

兄メスナーが
自分たちが初登頂した経緯を
再現する映画でもあった。

この「ナンガ・パルバート」の
初登頂者が誰かということで
ドイツでは
兄弟を探しに行った捜索隊の二人が
初登頂者かどうかということで
裁判になっていたようだ。

1970年と言えば
わたしが新聞配達をして
ヨーロッパ縦断2週間の
旅をした年だ。
大阪万博で
日本中が沸き返っていた頃だ。

遭難というと
思い出すのは
1970年代半ば頃、
わたしと大学が同期のHは
ワンダーフォーゲル部で
よく山に登っていた。
卒業後も
登山を続け、
冬の剣岳に登り
稜線に張ったテントから出たところ
セッピが崩れ滑落してしまった。
遺体を春まで
探すことができなかった。

小柄なHは
朗らかな性格だった。
優しいHの
笑顔を思い出す。

映画を見て
山好きなHのことを
思い出してしまった。

この「ナンガ・パルバート」の
山容は
映画で焼き付いたが
何処にあるのだろうか・・・
もう少し
探してみよう。





ということで
探したところ、
この山は
パキスタンにあった。
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?type=scroll&lat=30&lon=70&z=6&mode=map&pointer=on&datum=tky

ネパールの地図には
無いはずだ

ナンガ・パルバット
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88

|

« 「r」と「l」の発音 | トップページ | 本に着いている紐の名前は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53215750

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヒマラヤ」:

« 「r」と「l」の発音 | トップページ | 本に着いている紐の名前は? »