« ウメモドキの実 | トップページ | え! »

2011年11月15日 (火)

佐藤けい・森乃めぐみ 作陶二人展

今日が最終日なので
14:00頃
片岡町の広瀬画廊に出かけた。

陶芸家は昼食に出かけ
会場にいたのは
めぐみさんと受付の人だけだった。

ゆっくり
お二人の作品を鑑賞。
Dsc_0001

陶芸家のブログ
http://suekinokei.exblog.jp/17086174/

その後、
陶芸家の紹介DVDを
見た。
最近作成したもので
陶芸家「佐藤けい」の
総てが収まっていた。

キーワードは

須恵器

穴釜

自然と文化

小一時間したら
陶芸家が戻って来た。
Dsc_0002

客がいなかったので
互いに最近の出来事を
話した。

その中で陶芸家は
「高崎の町中が寂しくなってしまった。
何とか活性化したいものだ」と言う。

そこで
思い付いたのが
迷道院高崎さん。
高崎の歴史を掘り起こし
いろいろなイベントを
企画・実行している人だ。

陶芸家に
迷道院高崎さんのブログ
「隠居の思ひ付き」を
見て欲しいので
メモ用紙にそれを
書いて渡した。
http://inkyo.gunmablog.net/e205769.html


陶芸家は
わたし達のチャリティーコンサートに
来てくれていた。
「チェロの演奏が
ピアノと良く合っていて
良かった。
余裕があって安心して
聴けた」
と感想を聞くことができた。

陶芸家は
ピアノも弾く。
仲間同士で
年に4回
小さな会場でミニ演奏会を
やっているとのこと。
けいこさんはピアノのレッスン中、
そのことを話すと
仲間に入るようにと
勧められた。

また
公民館で陶芸をやっている
と話すと
倉渕の陶芸教室に来ないかと
パンフレットをくれた。

この二人展の後、
19日から
いわき市で個展があるので
忙しいと言っていた。
陶芸家は
高島屋でチャリティー即売会を
やってその売り上げを総額
いわき市に
寄付している。

大分ゆっくりしたので
陶芸家が作った焼酎カップは
わたし用に
めぐみさんが作ったネコの小皿は
けいこさん用に
買った。
Dsc_0021



17:00に
迷道院さん宅へ
「長谷川平蔵」の資料を
借りに行くことになっていたので
広瀬画廊を出た。

|

« ウメモドキの実 | トップページ | え! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53255508

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤けい・森乃めぐみ 作陶二人展:

« ウメモドキの実 | トップページ | え! »